トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

ザ・グレート・スクーター♪

TMAX
TMAX500です。R100GSの前に、約3ヶ月ほど乗っていました。もともとスクーターも大好きで、TMAXの前はマジェスティ250に乗っていました。スクーターって、ホント便利です。マジェは通勤目的として手に入れたのですが、結局大半のツーリングまもちろん、挙句は北海道までこやつでいってしまいました。旅バイクとして、スクーターは本当に便利でした。あるきっかけがあり、正常進化ということもあり、知人のTMAXを譲り受けたのですが、なぜかTMAXとは短いお付き合い。


理由は‥‥もちろんGS出会ってしまったというのが大きいのですが、やはり少なからず?があったんだと思います。それは、「高速中に眠くなる」こと。ギアなしバイクは、本当に高速で眠くなり、マジでヤバいと思ったことを何度も体験しました。それと、TMAXは十分に速いのですが、ギアチェンジをする楽しみは当然ながらないんですよね。やはり山道などはギアを駆使して走りたかった。このあたりのジレンマから、残念ながら早々に乗り換えてしまった次第です。オイラの最短記録、それが青のTMAXでした。



だけどやっぱりこう見るとかっこいいなあ。。。(自己満足)



|

2007年8月29日 (水)

鍵付きフィラーキャップのお値段は?


最初びっくりしたんです、フィラーキャップ(ガソリンキャップ)の鍵がないことに。確かに以前乗っていたハーレーには鍵が付いていませんでした。だけどまあ大らかな国民が作るバイクだから、そんなもんだと納得していたのですが、ジャーマンメイドは、それはないだろ、とかなりの違和感。とはいえ、そうは言っても、GSとお付き合いを始めた以上、このままいくか、鍵付きキャップを買うかを考え、やっぱり今の環境であるならば鍵は必要であるという結論の元、GSを手に入れたディーラーに注文しました。



で、やってきたのがコレ。



まあ何の変哲もないものですが、お値段は


7,854円也。(消費税込み)


これをどうとるかは皆さんの判断にお任せしますが、私は少なからずおこづかいに大きなインパクトがありました。


ま、だけど、やっぱり精神的に安心なので、買って後悔はしてませんけどね。

|

「これ、何cc?」

SA

高速SAなどで休憩をしているとき、年配の方の視線と共に話しかけられる

第1声の約80%が、この言葉。


「1000cc」です。



と答えると、たいがいお約束の


「へー、そんなにあるんか!」。



次に多いのは、


「BMWって、オートバイをつくっとるのか?」



このあたりまでは自分なりのFAQが出来ているのですが、実は現在大阪に住んでいながらバイクのナンバーは「品川」ゆえ、西日本方面へ出かけて声をかけられると、


「へー東京からかい、すごいねー」


と言われることが、非常に(汗)な訳です。


「いえいえ大阪に住んでまして」というと、聞いてこられた方のイメージを壊すようだし、「はい、そうです」というと、「時間はどのくらいかかった」とか「あと何日こちらにいるのか」とか、日程的な質問が多く、たいがいこのあたりでモゴモゴしてしまうわけです。


他府県ナンバーを乗り回しておられる皆さん、こんなことありませんか?




|

2007年8月27日 (月)

購入にあたり、考えたこと

ちょっと前ですが、「中距離用」にアドレスV125Gを手に入れました。




実はこれまで自転車で会社まで通う「チャリ通」でして、それはそれで事務職なので運動不足解消にはなっていたのですが、ある日ふと思ったのです、原チャリがあると便利だな、と。
2年限定の単身赴任ゆえ、クルマは東京の実家において当初はGSと自転車の4輪生活で貫こうと思っていたんです。しかしあるとき‥‥自転車は「短距離用移動ツール」、GSが「長距離用移動ツール」と位置づけると、「中距離移動用」があってもいいな、と思ったんですね。


長距離はいわずと知れた「旅」のためのもの。「短距離」はクリーニングやらコンビにやら近場への移動ツール。だけど、2駅先の激安酒屋への買出しとか、直線距離なら4キロぐらいのジャスコなど、「中距離」の用事にはGSもチャリも不適なんです。そんなら原チャリを「中距離」用として位置づけようじゃないか、というまっとうな言い訳を考え、早速価格コムとかを調査。そんななかダントツの評価だったのが、スズキアドレスV125Gだったんですね。




そこでいつものように散々ネットで調べ上げ、気分をどんどん盛り上げ、いざ近所のショップ(これも口コミ)で話を聞きに行くと「4月からGIVIのリアケースがおまけで付くよ~」とのこと。T-MAXのころ使っていた同様のケースがあるにもかかわらず、この言葉で一気に背中を押され「買います!」と力強く回答。

いやーまたやっちゃいました。だけどコレがあれば、念願の「中距離エリア」が満喫できる!


おかげさまで、中距離といえば中距離である勤務先にも、毎日これで通うようになりましたとさ、ちゃんちゃん。



|

2007年8月26日 (日)

ツールバッグはコレに決まり!

ツールバック01
現行GSシリーズのリアキャリアはフラットタイプですが、オイラのGSはナンバープレート側(後ろ側)が反り上げった形状になっています。シートと、そのキャリアエンドの隙間に、良いバッグはないものかと物色した後にたどり着いたのがこの「イエローコーン(YELLOWCORN)スクエアツールバッグ 」。

最初はハーレーよろしくレザーのツールバッグにしようかとも思ったのですが、スタイリッシュな風貌と引き換えにレザーは雨が苦手。

結構悩みましたが、今回は名より実を取り、雨にも負けないタイプをと検索したどり着いたのがこのバッグです。


このなかに、前オーナーより譲り受けた工具各種と、バッテリーケーブルを収納し常備しています。

ツールバック02

サイズもまさにGSにぴったり。


まるで純正に見間違えるほどのフィット感、といったら言いすぎ?



 

|

2007年8月25日 (土)

タンクバッグが悩ましい

収納スペース


R100GS/PDは、タンク上部に収納スペースがあります。そして、タンクが樹脂製です。 35リットルのガソリンを飲み込むこのタンクは、GSの大きな特徴となっていますが、特殊なものだけに、一般のバイクショップで売られるタンクバッグはほぼ付きません。



そこで対応品がなければないほど燃える性格?なのか、ここでまた真剣にネットで調査しました。 最近のタンクバッグの主流はマグネット止め。ますこれは即効棄却です。次にマグネットレスタイプというのが、RSタイチと、ゴールドウィンから出ています。 タンクバッグといえ、オイラの主な使い方はマップケース。なるべく薄いものをと思い、少ない選択肢の中からまず選んだのは「ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ 」。



煩悩その①:ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ
ラフアンドロード

早速楽天で注文し、いざ取り付けようとすると、がーん、タンク後ろ側の固定ベルトがうまく取り付けられない!GSのタンクは前後長が思ったより短く、またガスキャップも出っ張っているので、写真のようにシート側のプロテクターはほとんど不要で、かつシートに挟み込もうとしてもシート固定の構造上うまくシート下に挟みこめない。で、しかたなく、やや右寄りに傾きながら、何とか固定をしました。




煩悩その②:ワンダーリッヒ製
ワンダーリッヒ


しかし、やはりフィット感がいまいちだなあと、ことあるごとにチェックをしていたら、次に高揚したのが「ワンダーリッヒ」のR100GS用。ヤフオクのリマインド設定で知り、大変興奮しました。で、結局何人かと競り合った後、見事手元へ。 今度はR100GS用、と書いてあったし大丈夫だろう、というのもつかの間、こきゃまた微妙な感じ。付くには付くんですが、身体側の固定は、基本的にベルクロ止め(ベルトループもありますが)。そりゃないだろうワンダーリッヒさん。ま、R100GSは確かに対応らしいが、 R100GS/PDはOKと書いてなかったから一か八かの賭けだったんですねどね。  




煩悩その③:デグナーNB-15
デグナー

で一番最近買ったのは、デグナーの「吸盤式タンクバッグNB-15」 。  試装させてもらったものの、タンクの吸着部に凹凸のなるデカールがあるため、張り付くことははりつくものの取れやすいだろうと店員さん。だけど、この手は見つけたら即買いがオイラの鉄則。  



ということで、使用レポはまた後日。




|

パニアのインナーバッグは?

パニアの中身

これもMUJIのなかから選ぼうと思ったのですが、パニアのサイズにフィットするものがなく困ったなあと思ううちに、「ん?あれ使えないかな」と思ったのが、もう10年以上前に新宿・エイアンドエフで購入したグレゴリーのミッションバッグ(フロントジッパー付)。


エイアンドエフといえばご存知「グレゴリー」の総代理店ですが、その直営店らしく全国展開する前の試作品?らしいレアなアイテムが昔はよく置いてあったんですね(いまはどうでしょう?)。


当時社会人の間でもそれを持っている人は多かったのですが、バッグ外側に何も収納部がないのがちょっと使いにくいなあと思っていた矢先に見つけたのがコレ。



10年以上も手元に置いておきたいほど気に入ったいたバッグが、なんとオイラのパニアのインナーケースに
ピッタリなのでした。
  
以降オイラの旅の相棒として、日本中を一緒に旅して回っています。  


 

このあたり が近いんだけど、オイラのとはちょっと違います。




 

|

100均アイテム

100均その2
日々お世話になっている100均ですが、ツーリング便利グッズも豊富に見つかります。いろいろ使っていいますが、まずはこれから。
  
多分100均アイテムの売れ筋の中心であろうビニールポーチですが、ワタシは荷物を縛るネット/ゴムの収納に収納に使っています。
  
旅に一緒に持っていかれる方は多いと思いますが、オイラはコレの袋に入れて、パニアに放り込んでおきます。


車体に縛っておられる方も多いと思いますが、付けっぱなしだお結構ゴムが劣化してしてしまうんですよね。


かといって、出先で急に荷物が増えるかもしれないので持ってはおきたいが、カバンにいれておくと中で行方不明になるわ、取り出しづらいわで、結構困っていました。


  
「ツーリングネットを収納する」という考え。



結構正解でとても重宝しています。

|

2007年8月21日 (火)

立ち寄り湯もクールに♪








ツーリング途中の立ち寄り湯でなるべくスマートに必要なものを取り出したい、という欲求にかられ、


「お風呂セット」を物色しました。




以前は洋服屋のビニール袋にタオルやシャンプーを突っ込んでいたのですが、


学生時代から変わらぬこの姿はさすがにないだろ、と


さまざまなものにトライ&エラーの後に落ち着いたのがMUJIの「吊して使える洗面用具ケース
」。



  

この手のものはLoweやEagle Creekなどのアウトドアメーカーが作っていましたが、

結構値段が高いんですね。で、いろいろ物色し、たどり着いたのがこれというわけです。



  

中の仕分けは、最近リリースされたメンズスキンケアの大瓶が入り3本ゴム止めで

入りますが、オイラは小瓶を3本と、体を拭くタオル、






そしてこれまたあるようでなかなか見つからない専用袋に入った


携帯用ナイロンボディタオル


  

に、着替えのパンツなんかを突っ込んで、さっとパニアから取り出します。


  

前出のケースは、ひとまわり小さいものもあるのですが、タオル2種+着替えまでは

入りませんが、それがが不要な場合はこれもありです。オイラはおそろいで両方買いました。







  

写真のように引っ掛けておけるので、宿に着いたらそのまま洗面脇において置けるのも良いですね。


 

温泉タイムにお気に入りの小物が増えれば、さらに旅は豊かになります。


|

初夏にモツ鍋・博多

本場博多のもつ鍋


20代の頃に働いていた会社の後輩に会いに、博多に行ってきました。


マイルが少したまったので、伊丹空港からすーっと。

目的はずばり「もつ鍋」。夏でも鍋は大丈夫かと心配しましたが、

こちらでは季節モノではないんですね、ヨカッタ(^^)


後輩に連れて行ってもらったのが、名店「やま中」です。

みそ、しょうゆとありましたが、メニューの一番上に書いてあったのが「みそ」なのでそちらを注文。


うん、相当うまいっす。



もつはもちろん、各種野菜も単品でおかわり(有料)が出来るんですが、
デフォルトで結構な量なので、もつのみ1人前追加注文をして、もう満腹。



予約をしてもらっていたのでスムーズに入れましたが
週末は多分予約がないと無理でしょう。



でも、博多に行ったら、またぜひ行きたい名店でした。




あ、翌日行った長浜のラーメン屋さん(名前忘れました)も

相当よかったです。うーん、大満足!











|

2007年8月19日 (日)

鳥取よくばり旅~関金温泉

すっごい


蒜山、大山、鳥取砂丘の贅沢ルートを巡る、久しぶりの泊りがけツーリングです。

蒜山といえば、中学の修学旅行で行ったんですね。

その回想企画なんですけど、、枕投げ(中学生でもやっていた)で立たされた思い出以外、ま

ったく景色とかは覚えてなくて、それはそれで新鮮でした。



ああ、確かこんな景色見たな、というのがまるでない。

記憶のかなたに地名だけが刻まれていたのですね。


山は決して高くないんですが、とてもすばらしい景色でした。

鳥取砂丘も人生初めてで、こちらは結構感動しました。

何だか、無国籍な感じがして、西洋的でも東洋的でもない、

「鳥取的」とでもいう感じの不思議な景色。


漁村の一幕


鳥取って関東に住んでいると「砂丘」がまず思い浮かぶんですが、

もっとこれは日本全国にアピールしたほうがいい、


きっとみんな気に入ると思うし、日本が誇る財産とも感じると思います。



鳥取、侮るなかれ。



特に東京の皆さん、必見ですぞ。








 

|

琵琶湖・安土城跡

ビワコ


GWは家族孝行のため、その翌週日帰りで琵琶湖方面へ出かけてきました。


そういえば琵琶湖も、人生初めての訪問地です。

すごく広くて、地元の人は普通に海水浴をする、という話もうなづけます。

東側の湖岸を走ったんですけど、このあたりはキャンプサイトとしての整備も完璧で、

みなBBQなどでくつろいでいました。


関西は、こんな素敵な場所がたくさんあるんですね、
しかも自宅から1時間もかからない場所で。



その後は同じく湖岸沿いで、ある雑誌で載っていた「あゆ丼」をいただきました。

うまっ

鮎のてんぷらがご飯の上にのっているだけなんですけど、
コレがまた旨い。



これから夏は、さらに美味しくなるんでしょうね。



また時間が空いたら、さくっと行こっと♪












 

|

ワインディング島・小豆

わりと地味な乗り場


小豆島に1泊で行ってきました。


本当は2月の納車すぐに行きたかったのですが、天候や諸事情により

2ヶ月遅れの憧れの島に、やっと来たわけです。



いつものように池田ICから中国道ー姫路に出て、そこからフェリーです。


北海道へはバイクでもクルマでも数回フェリー旅はありましたが、2時間を越える中距離は初めてで、

やっぱりワクワクしますね。


到着時は生憎の天気でしたが、午後に向かうにつれ雨は小降りに。


定番二十四の瞳記念館を見るころには西から日が差してきました。


淡路より小さく、島自体も観光と呼べるものは多くはないけど、


適度なワインディング、景色を豊かさなど、一周わずか100kmにも満たない島ですが、


ぜひマイバイクを持ち込んで楽しんでください。


実物はもっとすごいんです



ホント、最高でした。







|

豊中から30分の秘湯

なんだこれは?



山空海温泉
  
無事納車されたアドレス号で、今日はお出かけ。


向かうはいつもの能勢界隈一周。


今日は会社を休み、平日ということで、週末はバイク通行禁止になる一庫ダム道へ。


クルマを持たないオイラは、このダムを見るために会社を休むのである、エヘン。


へーこういう景色だったんだと、割と感動。

桜も満開、天気も満開で、とても気分が良い金曜日。そのままうろうろしていると、突然謎の看板が!



なんじゃこりゃ?

どうみてのシャレにしか見えんぞ? 


恐る恐る矢印のほうに進んでいくと、うわ温泉だ。しかもかなり秘湯ムード満点。

ん?まだ家を出て30分ぐらいしか走ってないぞ。


さすが北摂、このようなサプライズがあるから大好きなんすよね。



湯はこのあたりには珍しい硫黄泉で、硫黄好きのオイラとしてみれば大満足!


超おすすめなんですけど、人が増えたらやだなあ。


今度は湯治宿に泊まろっと。




さくら

ついでに池田公園で桜も見てきました。

きれいだった~。








|

たこフェリーに乗って

すし~


2度目の淡路島一週です。といっても初回は昨年夏のTMAXにて。


確かものすごく暑かった記憶があるなあ。


今回は会社の同僚と一緒です。


南あわじ市で食った寿司は、まあまあ。


前回はちゃーっと高速を往復使いましたが、今回は岐路に「たこフェリー」を選択。


で、これがGOOD!わずか30分ほどだけど、船旅ムード満点。

もちろん価格もGOOD!しかも24時間営業!



特に関東地方の皆さん、おすすめですよ~
  
たこフェリー
すし屋







|

日本一の健康ランド・有馬温泉

今日も寒いのに積極的にバイクでお出かけ。


温泉好きの東京モノの聖地「有馬温泉」に行ってきました。




数週間前もテレビで有馬特集をしており、相当に期待大。


大体の宿はきっと日帰り湯okなんだろうけど初心者らしく日帰り専門の「太閤の湯」に。


日本各地の日帰り温泉施設にいったが、多分日本最高価格「2400円」也。ひょー。


だけど、中に入って納得。


ややテーマパーク入っているが、すごくお洒落で、


また肝心の湯も「金泉」「銀泉」を始め、数多くの風呂があり、個人的にはとても充実。


価格もまーコレならありでしょう、って感じ。



帰りはGS購入後初の雨が降り出してきて、ちょっとヘコむ。











|

塩類霊泉・草山

割とひっそり

これまた北摂エリアの皆さんにはあまりなじみのない湯にいってきました。


といってもオイラのバイブル、


日帰り名人「日帰り湯に行こう」


ではとってもいい感じにご紹介♪


どちらかというと健康センターチックな感じだけど、

露天風呂が晴天にも恵まれとっても気持ちよく、湯も塩類系さっぱり美人湯。


篠山ツーリングの途中にお勧めですw
  
  
草川温泉
篠山はマラソン大会











|

炭酸ガス日本一!吉川温泉

大混雑‥

この温泉、かの「あるある‥」温泉特集で紹介された温泉です。


ちなみに北摂在住の友人は知りませんでした。

天気も悪いってのに、すげー込んでて期待度満開。


日本一を誇る4110PPMという炭酸ガスを含有しているそうで、
その名も「源泉風呂」は期待通りの湯。


ゆるめのお湯は、つかるとぷーんと鼻に炭酸ガス。


うわこりゃやっぱりすごいや。


この手のインパクトのある湯が好みの風呂好きは、必湯です!


  
  吉川温泉「よかたん」

  
  今回もコレを着たよん










|

憧れの熊野路・川湯



最初は憧れの淡路島かな、と思ったんですけど、初の泊まりでもあるし


やっぱりも少し足を伸ばそうと、子供の頃の記憶がかすかに残る


和歌山、熊野界隈に出かけてきました。


まだまったく慣れていないので、エンジンをかけるコツさえもわからない。


ハーレーに比べ、チョークに引き方にコツがありそうで、だけどちっともエンジンに火が入らない。

バッテリー上がっちゃうかと思いましたよ。


高速はさすがに安定感ありますね。振動も少ないし快適快適。


ただしグリップヒーターはあまり効かず。


ま期待してなかったのでないよりマシということで。


熊野古道街道、川湯温泉、十津川温泉と周り、初乗りは約500kmのうきうきツーリングでした♪

 

  湯の峰温泉
  川湯温泉
  日帰り十津川温泉
  

  これ着ていきました(モンベル)











|

初ツーリングは

能勢の夕暮れ


お決まりの北摂周遊ルートで足慣らししてきました。車高も高いし、サイドスタンドを出すのも一苦労。


あ、オイラ身長166cmですが、何か?



信号待ちとかは正直つらいんですけど、走り出してしまったらこりゃもう快適ですね。


低重心のOHVフラットツインは、コーナーでもクルクル。

ハーレーとは同じツインでも、まったく乗り味違います。


10年以上EVOに乗ってたので、正直「刺激」はずいぶん少ない印象。

だけどがらっと嗜好の違う、こんなチョイ楽バイクも良いかと。腰高の取り回しはその分辛いすけどね。


ということで、篠山の近くをぐるっとまわって、初乗りは無事終了しましたとさ。





















 

|

盗難対策

鍵買いました。


これは1本の鍵でで2本のチェーンを利用できるスグレモノ。


だけど、同じく鍵1本でチェーン3本利用できるものもあるんですね。


最近はホントすごい。



オイラのとはちょっと違うんですけど、こんな 製品‥

 

|

納車、トラブル発生!

納車当日の最大のトラブルといえば、「センタースタンド」が立てられなかったこと。


そういえばこれまで、センタースタンド付きのバイクをほとんど所有したことがなく、

さらに左利きゆえ上手に体重がかけられないこともあいまって、それまで避けて通ってきたんですね。


よって、センスタはほぼ教習所以来の体験。


モトラッド阪神の皆さんのアシスト空しく、

手が豆だらけになり結局リタイア。

「別にサイドスタンド常用でもいいすよね」と店長に伺うも苦笑い。


ヤバっ!これで 本当にビーマーになれるのか‥




|

出会いは・・

こっちを見てる‥


大阪に単身赴任し、最初に出会ったバイク乗りは会社のAさん。一度近場を案内してくださいよと無理やり誘った初六甲。

うわーこれが六甲かい、と陽気なまま彼の行きつけのBMショップへお茶を飲みに行ったのが運の付き。
そう、最初はF800Sを見に行ったんです。だけど、出たばっかりで試乗車はおろか展示車もなし、しょぼん。


で、その近くの、何だかすげーデカいバイクが、コイツだったのです。ついこの間までは、「あがりのバイク」の印象が強く、それまで乗っていたハーレーと比べても、振動は少ないわ、音は静かだわ、でどうもインパクトが薄かったのです。

しっかし、もともと旅バイク専門のオイラとしては、この巨体にはちょいと昔から憧れがありまして(^_^;)
で、検討期間1週間、悩みに悩んで、当時乗っていたTMAXを下取りに出し、

新たな借金生活が始まったのでした。。。













 

|

トップページ | 2007年9月 »