« パニアのインナーバッグは? | トップページ | ツールバッグはコレに決まり! »

2007年8月25日 (土)

タンクバッグが悩ましい

収納スペース


R100GS/PDは、タンク上部に収納スペースがあります。そして、タンクが樹脂製です。 35リットルのガソリンを飲み込むこのタンクは、GSの大きな特徴となっていますが、特殊なものだけに、一般のバイクショップで売られるタンクバッグはほぼ付きません。



そこで対応品がなければないほど燃える性格?なのか、ここでまた真剣にネットで調査しました。 最近のタンクバッグの主流はマグネット止め。ますこれは即効棄却です。次にマグネットレスタイプというのが、RSタイチと、ゴールドウィンから出ています。 タンクバッグといえ、オイラの主な使い方はマップケース。なるべく薄いものをと思い、少ない選択肢の中からまず選んだのは「ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ 」。



煩悩その①:ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ
ラフアンドロード

早速楽天で注文し、いざ取り付けようとすると、がーん、タンク後ろ側の固定ベルトがうまく取り付けられない!GSのタンクは前後長が思ったより短く、またガスキャップも出っ張っているので、写真のようにシート側のプロテクターはほとんど不要で、かつシートに挟み込もうとしてもシート固定の構造上うまくシート下に挟みこめない。で、しかたなく、やや右寄りに傾きながら、何とか固定をしました。




煩悩その②:ワンダーリッヒ製
ワンダーリッヒ


しかし、やはりフィット感がいまいちだなあと、ことあるごとにチェックをしていたら、次に高揚したのが「ワンダーリッヒ」のR100GS用。ヤフオクのリマインド設定で知り、大変興奮しました。で、結局何人かと競り合った後、見事手元へ。 今度はR100GS用、と書いてあったし大丈夫だろう、というのもつかの間、こきゃまた微妙な感じ。付くには付くんですが、身体側の固定は、基本的にベルクロ止め(ベルトループもありますが)。そりゃないだろうワンダーリッヒさん。ま、R100GSは確かに対応らしいが、 R100GS/PDはOKと書いてなかったから一か八かの賭けだったんですねどね。  




煩悩その③:デグナーNB-15
デグナー

で一番最近買ったのは、デグナーの「吸盤式タンクバッグNB-15」 。  試装させてもらったものの、タンクの吸着部に凹凸のなるデカールがあるため、張り付くことははりつくものの取れやすいだろうと店員さん。だけど、この手は見つけたら即買いがオイラの鉄則。  



ということで、使用レポはまた後日。




|

« パニアのインナーバッグは? | トップページ | ツールバッグはコレに決まり! »