« ETCで困ること | トップページ | アドレスV125G 半年使用レポ »

2007年10月29日 (月)

日帰りで若狭へ


この週末は本当に良い天気でしたね。


こちら大阪北部も、絶好のツーリング日和。関西ライダーのメッカ、周山街道も、これまでに見たこともない数の同志が大挙して訪れ(オイラもですが)、さながらバイクの品評会状態でした。


それにしても最近は本当にハーレーが多いですね。大げさに言うと、3台に1台ぐらいがハーレーの勢いで、ともに比較的新しいバイクに乗る方が多かったようです。


オイラが新車を購入した13年前は、ハーレージャパンも創世記で、ディーラー政策もままならず、当時ハーレー界を支えていた小粒の名ショップからは正直かなり反発を受けていた時期でもありました。そのような苦悩の時期を乗り越え、彼らの日本に対する意地と努力が、見事に近年成果を出しているようで、元ハーレー乗りのオイラとしては嬉しくもあり、やや増えすぎた感に対してはちょっと寂しくもあり、複雑な心境です。


さてさて、そんななか、以前から気になっていた「若狭で焼き鯖寿司」を実践すべく、前出の周山街道をメインルートとした日帰り下道ツーリングに出かけてきました。

美山手前。日本の原風景が残っているんですね、大阪から約1時間で。




 


大阪北部の能勢、園部、美山エリアは本当に走り応えがあり、しかも自宅から約30分も走れば、この素晴らしい景色に出会える。オイラは東京に長く住んでいましたが、このようなことはまず東京では考えられません。ホント関西ライダーの皆さんは幸せです。



久しぶりに見た、木製の橋。



さらに、大阪と福井・若狭が日帰りで、かつ下道で行けるなんてことも、思ってもいませんでしたので、こちらも大感激。いやーホントに素晴らしい。



ちょっと山に入ると、何やら怪しい罠が‥‥



で、肝心の焼き鯖寿司1050円也ですが、ちょっと過剰包装気味なのが?でしたが、確かに旨い。わざわざ食いに来た甲斐がありました。しかもトップ写真のカニの出汁たっぷりの味噌汁が無料サービス。「若狭フィッシャマンズワーフ」というところで食したのですが、近年メジャー海岸施設に増殖中の「とれとれ」系より、店員の方の接客がドライで、客のオイラにはちょうど良い距離感でした。つまり押し付けられ感がないんですよね。



結構地味なたたずまいは、むしろ好感触♪



そんな味の感動をしたためながら、オイラとしては人生初めてぐらい珍しい、来た道を帰る、というルート選択をしました。周山街道は、何度でも往復したい、そんなルートです。「アウトライダー」誌でもたまに取り上げられているメジャールートですが、関西以外の皆さん、ぜひ一度走りにきてくださいね。大阪からも京都からも近くて、びっくりしますよ!

|

« ETCで困ること | トップページ | アドレスV125G 半年使用レポ »