« R1200GSAに付いていたモノ。 | トップページ | K&Hローシート ファーストレビュー »

2010年12月19日 (日)

50,000円以下で防水ナビ+ワイヤレス化ができるかどうかやってみる。【SONY NV-U35 取り付け編】

Navi_shochaku

さて、約1年前にバイク用に購入したNAVI「SONY NV-U35」が何とか装着できないものかと考え、まずはネットを検索。ただもっといいものがあれば新規導入をとも考えましたが、未だにバイク用のナビは高いですね。例えばBMW純正NAVIはGAMIN製で工賃込み12万円程度、それによくビーマーの皆さんが利用されているB+COMが一人用3.5万程度、つまり15〜16万になってしまいます。これはさすがに買えません。そこで、初心に返り、手持ちのナビを装着し、安価にワイヤレスを導入する、ということにチャレンジしました。

ちなみに私はこの手の配線関係は全く苦手で、できれば人に任せたいタイプですので、完全な素人レベルです。

◆今回使用したもの(と仕入先)

①NAVI本体 「SONY NV-U35」  ※手持ち
Nuu35

②NV-U35用ナビステイ ハンドメイド製 @ヤフオク 「NV-35用」で検索してください

Stay

③シガー→へラーへの変換コード ハンドメイド製 @ヤフオク 「ヘラープラグ」で検索してください

Hella

④バイク用インカム BT Multi-Interphone @楽天

Bt

⑤バッファローBluetoothオーディオ送信機 BSHSBT02BK @楽天

Bshsbt02bk

⑥スカイロック ※手持ち

Lock1

⑦防水テープ @近所のホームセンター

Tape1



【ナビを車体に取り付ける】

◆ナビステイ(ハンドメイド製)

Navi_toritsuke2

R1200GSA、ナビの定番位置はウィンドスクリーンの内側にあります。多くのGSA 乗りが実践しているこの位置に、自分も真似てみることにします。

さてステー探しですが、サードパーティ製が2−3あるのですが、どこもしっくりこない。多くは走行中給電に関しての配慮がなく、本体の端子に直接給電するというあまりスマートでない方法がほとんどなんです。またできれば標準のクレードルが活用できないものかなあ、などといろいろ探した結果、ヤフオクでベストなものを発見。それはクレードルのジョイントを改造し、バイクにスマートに取り付けるキット。クレードルとセットで1万円強だったので、出店者さんに電話までしてしつこく確認をさせていただき、ゲット。

◆給電方法

Siga

前のオーナーがFカウル横にヘラーを増設いただいていましたので、ここから給電。位置的にL型ヘラーが良さそうだったので、シガー→ヘラー変換コードをヤフオクでゲットしました。

◆防水対策

Bousui2

NAVI本体は、防水ナビなので特に何もぜず。ケーブルのジョイント部分には、ホームセンターで売っている、水道工事用防水テープを、雨が当たりそうな箇所にぐるぐる巻きにしました。どの程度雨に強いかは不明ですが、とりあえずハダカ状態よりは心理的にも安心です。

※あくまでも個人の見解ですので自己責任でお願いします。

◆設置

写真の通りです。わりと綺麗に取り付けられました!
なるべくケーブルの取り回しをスマートにしたかったので、ナビステイのケーブル長さ、およびシガー→ヘラー変換コードの長さはかなり考えてサイズを合わせました。(このような長さ調整もらえるのも、ヤフオク自作出店さんの利点ですね)




【NAVI の音声をワイアレスで拾うーヘルメット・インカム装着】


◆無線機(ワイヤレスインカム)選び

本当にいろいろと探しましたが、メーカー品は一人用安くても2万円〜3万円越え。
とりあえず初めての導入だし、自分には不要かもしれないしということもあり、もっと安いものはないのかと必死に探したところ楽天でヒット!それが「BT Multi-Interphone 」です。価格はメーカー品の約1/4、中国製、日本語マニュアルなし(英語版は添付)ながら、レビューもまあまあ評判がよいし、いっちゃえ!ということでGET。

Helmet4

 

Helmet5

 

 

Incom4

◆NAVIの音声送信機(Bluetoothオーディオ送信機)選び

これもいろいろな商品がありましたが、価格、サイズ、連続使用時間に加え、ケーブルホールの位置への配慮(同一面に端子が集中している)など総合評価をした結果、選んだのが「バッファローBluetoothオーディオ送信機 BSHSBT02BK」。これをNAVIの裏側にベルクロ固定し設置。小さくて、軽くて、いい感じです。

Bt2

◆防水対策

無線機本体は防水対策が施されているようですので(あまり信用していませんが)、送信機のみどうするかを検討し、 BSHSBT02BKをNAVI側同様「防水テープ」でぐるぐる巻き実行。




【まとめ】

さて、取り付けはこれで完了。
構想&検索10時間、取り付け30分。当初目標の50,000円、何とか切ることができました。
また取り付けも、この手はめっぽう苦手ながら、わりと綺麗に収まったなとニンマリしています。

さて次回は、走行レビューを。また改めて報告します!



◆総費用

①NAVI本体 「SONY NV-U35」  1年前 約35,000円(1年前に購入)→現在は26,000円前後で購入可能?
②ナビステイ 11,800円
③ヘラーコード 2480円
④バイク用インカム 4250 円
⑤Bluetoothオーディオ送信機 4,104 円
⑥手持ちのスカイロック 0円
⑦防水テープ 750円

合計:49,834円

※NAVIは2010/12/17時点でのkakaku.com最安価格を参考にしています。 
※価格はすべて2010/12/17時点での参考価格です。

|

« R1200GSAに付いていたモノ。 | トップページ | K&Hローシート ファーストレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50,000円以下で防水ナビ+ワイヤレス化ができるかどうかやってみる。【SONY NV-U35 取り付け編】:

« R1200GSAに付いていたモノ。 | トップページ | K&Hローシート ファーストレビュー »