« 2007年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月20日 (月)

K&Hローシート ファーストレビュー

Seat1

さて前オーナーさんがいろいろカスタムしてくれていたおかげで、乗り出しからストレスのない走りが期待できそうなR1200GSA。しかし、1点だけどうしても交換しなければいけないパーツ、それはヨーロッパの大男のために設計された小高いシートを、東洋人で、かつ170cmにも満たないオイラが乗りこなすために必要な「ローシート」。人生初めてのシート交換で、いろいろと悩み勃発…・

◆商品の選択理由

納車時に必ず付けたかった唯一のパーツが「ローシート」でした。なぜなら、標準シートだと、全く両足が付かないどころか、おしりをずらしてもかなりやばい感じ。こんな状態だと、信号待ちで即立ちコゲ間違いなし。さらにこれがないと、納車後自宅へも戻れない。そんなわけで、GSA用のシートを探し始めました。

そして「K&H」「河名シート」「アールズギア」の3社が、GSA用のローシートとしてメジャーであることが判明。より深く調べていきます。

で結果、選んだのは「K&H」。理由は

①3社のなかでも一番低くなりそう(6cmダウン)
②ローシート後純正シートの同色のローシートがラインナップされている
③価格が3社の中で一番安い

純正:R1200GSA 890/910mm
K&H ローシート 830/850mm

◆乗車レビュー

シートのかたさは、かたすぎず、柔らかすぎず、長距離でもおしりが痛くなりません。またシート高が下がると膝の曲がりが厳しくなる場合がありますが、オイラの場合は全く問題なしです。

◆デザイン・素材

縫い目や表皮の仕上げなど、非常に高いクオリティです。また標準車のカラーリングを踏襲しているので、遠目で見ればまるで純正品のよう。
しかし純正品とK&H社のシートは、微妙にシート表皮の素材が違い、リアシートを標準品を使用した場合、微妙に色が違うのでご注意を。

Seat7_2
Seat11 Seat2_2

◆足付き性

以下の感じです。底の薄いスニーカーだと、かなり不安ですが、バイク用のブーツを履けばつま先は両方とも地面に付き、そんなに不安なく信号待ちが可能です。

※筆者のスペック
身長:166cm 体重:60kg

Seat9

いつも履いているツーリング用ブーツ。底が厚いので安心。


Seat8

普段のスニーカー。底が薄いので踏ん張りがきかず。





◆注意点:

当シートのシートレールは専用品です。従ってデフォルトのシートレールを取り外し、交換しなければなりません。ゆえに、標準シートと当ローシートとの交換は、容易ではありません。

Seat_real1
Seatr2
Seat_r3






以上がK&H社のローシートに関する購入直後レビュー。

また気がついたらつらつらと書き綴ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

50,000円以下で防水ナビ+ワイヤレス化ができるかどうかやってみる。【SONY NV-U35 取り付け編】

Navi_shochaku

さて、約1年前にバイク用に購入したNAVI「SONY NV-U35」が何とか装着できないものかと考え、まずはネットを検索。ただもっといいものがあれば新規導入をとも考えましたが、未だにバイク用のナビは高いですね。例えばBMW純正NAVIはGAMIN製で工賃込み12万円程度、それによくビーマーの皆さんが利用されているB+COMが一人用3.5万程度、つまり15〜16万になってしまいます。これはさすがに買えません。そこで、初心に返り、手持ちのナビを装着し、安価にワイヤレスを導入する、ということにチャレンジしました。

ちなみに私はこの手の配線関係は全く苦手で、できれば人に任せたいタイプですので、完全な素人レベルです。

◆今回使用したもの(と仕入先)

①NAVI本体 「SONY NV-U35」  ※手持ち
Nuu35

②NV-U35用ナビステイ ハンドメイド製 @ヤフオク 「NV-35用」で検索してください

Stay

③シガー→へラーへの変換コード ハンドメイド製 @ヤフオク 「ヘラープラグ」で検索してください

Hella

④バイク用インカム BT Multi-Interphone @楽天

Bt

⑤バッファローBluetoothオーディオ送信機 BSHSBT02BK @楽天

Bshsbt02bk

⑥スカイロック ※手持ち

Lock1

⑦防水テープ @近所のホームセンター

Tape1



【ナビを車体に取り付ける】

◆ナビステイ(ハンドメイド製)

Navi_toritsuke2

R1200GSA、ナビの定番位置はウィンドスクリーンの内側にあります。多くのGSA 乗りが実践しているこの位置に、自分も真似てみることにします。

さてステー探しですが、サードパーティ製が2−3あるのですが、どこもしっくりこない。多くは走行中給電に関しての配慮がなく、本体の端子に直接給電するというあまりスマートでない方法がほとんどなんです。またできれば標準のクレードルが活用できないものかなあ、などといろいろ探した結果、ヤフオクでベストなものを発見。それはクレードルのジョイントを改造し、バイクにスマートに取り付けるキット。クレードルとセットで1万円強だったので、出店者さんに電話までしてしつこく確認をさせていただき、ゲット。

◆給電方法

Siga

前のオーナーがFカウル横にヘラーを増設いただいていましたので、ここから給電。位置的にL型ヘラーが良さそうだったので、シガー→ヘラー変換コードをヤフオクでゲットしました。

◆防水対策

Bousui2

NAVI本体は、防水ナビなので特に何もぜず。ケーブルのジョイント部分には、ホームセンターで売っている、水道工事用防水テープを、雨が当たりそうな箇所にぐるぐる巻きにしました。どの程度雨に強いかは不明ですが、とりあえずハダカ状態よりは心理的にも安心です。

※あくまでも個人の見解ですので自己責任でお願いします。

◆設置

写真の通りです。わりと綺麗に取り付けられました!
なるべくケーブルの取り回しをスマートにしたかったので、ナビステイのケーブル長さ、およびシガー→ヘラー変換コードの長さはかなり考えてサイズを合わせました。(このような長さ調整もらえるのも、ヤフオク自作出店さんの利点ですね)




【NAVI の音声をワイアレスで拾うーヘルメット・インカム装着】


◆無線機(ワイヤレスインカム)選び

本当にいろいろと探しましたが、メーカー品は一人用安くても2万円〜3万円越え。
とりあえず初めての導入だし、自分には不要かもしれないしということもあり、もっと安いものはないのかと必死に探したところ楽天でヒット!それが「BT Multi-Interphone 」です。価格はメーカー品の約1/4、中国製、日本語マニュアルなし(英語版は添付)ながら、レビューもまあまあ評判がよいし、いっちゃえ!ということでGET。

Helmet4

 

Helmet5

 

 

Incom4

◆NAVIの音声送信機(Bluetoothオーディオ送信機)選び

これもいろいろな商品がありましたが、価格、サイズ、連続使用時間に加え、ケーブルホールの位置への配慮(同一面に端子が集中している)など総合評価をした結果、選んだのが「バッファローBluetoothオーディオ送信機 BSHSBT02BK」。これをNAVIの裏側にベルクロ固定し設置。小さくて、軽くて、いい感じです。

Bt2

◆防水対策

無線機本体は防水対策が施されているようですので(あまり信用していませんが)、送信機のみどうするかを検討し、 BSHSBT02BKをNAVI側同様「防水テープ」でぐるぐる巻き実行。




【まとめ】

さて、取り付けはこれで完了。
構想&検索10時間、取り付け30分。当初目標の50,000円、何とか切ることができました。
また取り付けも、この手はめっぽう苦手ながら、わりと綺麗に収まったなとニンマリしています。

さて次回は、走行レビューを。また改めて報告します!



◆総費用

①NAVI本体 「SONY NV-U35」  1年前 約35,000円(1年前に購入)→現在は26,000円前後で購入可能?
②ナビステイ 11,800円
③ヘラーコード 2480円
④バイク用インカム 4250 円
⑤Bluetoothオーディオ送信機 4,104 円
⑥手持ちのスカイロック 0円
⑦防水テープ 750円

合計:49,834円

※NAVIは2010/12/17時点でのkakaku.com最安価格を参考にしています。 
※価格はすべて2010/12/17時点での参考価格です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

R1200GSAに付いていたモノ。

Shokai_top


さて、そんな理由で一緒に暮らすことになったR1200GSAですが、前オーナーさんが装着された装備品がいろいろ付いていましたので、ファーストレビューを兼ねてご紹介します。

◆PIAA HIDキット

バ イクでの初HIDです。まだ日暮れ以降あまり乗っていませんが、最近視力が低下してきた自分には嬉しい装備。ディーラー曰く消費電力は標準品とほぼ同等とのことです が、バッテリー上がりのトラウマが染み付いている自分には、常用点灯による消費電力がつい気になってしまいます。オフスイッチ付けようかな。

Hid2_2
このアングルだとバルブがよく見えないですね、すいません…



◆トリックスター PPS

■パワーパルスシステムとは車体循環時に発生する逆電流を低減し、逆電流による電流のロスを低減させるのが目的です。この逆電流を低減させて、車体本来のパワーを引き出し、エンジン性能を100%に近づけるのがパワーパルスシステムです。■BMWで常用する回転域で効果を発揮する様に設定し、BMWが乗り易くなるようアレンジした専用モデルです。(以上転載。性能はこちら
とのことですが、こちらもノーマル状態を知らないので効果は不明。そう言われれば、乗車中特に違和感を感じませんが、R1200GSAって、この様なパーツを付けないと乗りやすくならないの?と、ちょっと疑問符。
Pps2
しかしこのカラーリングは気に入っていたりして。



◆クランクケース内圧コントロールバルブ

この手のパーツの存在自体知りませんでしたが、BMWに限らず結構メジャーなんですね。内燃の圧を調整してエンジンブレーキのショックを和らげるものだそうです。ただ、昔からエンジンブレーキのガツンとした効きに慣れている自分にとっては、不要かも。(性能はこちら

Haiki
こんなところに付いているんです。



◆ササキスポーツ スポーツマフラー

コ レは前オーナーさんから安く譲り受けました。BMWに関してはあまりカスタムの気がない自分ゆえ、最初は興味がなかったのですが、「ラクにセンタースタンドが上がるようになるよ」の一言で購入を決意。これまで苦手意識があったセンタースタンド停車が、心理的に随分ラクになったのが一番の収穫ですね。また肝心の パワーですが、正直納車時に付けてもらったので、ノーマルとの比較ができてません^^;。4000-5000rpmのトルクの谷がなくなる、とのことでし たが、まあ谷は感じていないのでよい効果が出ているのでしょう。
あとサウンドですが、よく皆さんが言われているように、アイドリング時は全く社外マフラー的な音はしません。で、回していくと結構低音が聞こえてきます。ただ…個人的にはこの音好みではないかな。過去2台のBMWとの比較ですが、純正の出来が際立っている印象です。(性能はこちら

Sasaki
パニアを付けるとこのロゴが完全に隠れます(>_<)



◆「TANAXレーダー探知機「TZ500」

レーダー探知機です。ループコイルには対応していないのがちょっと残念ですが、割と電波を拾います。専用ワイヤレスイヤフォン未所有のため目視だけの確認となりますが、それでもやっぱり安心の装備ですね。(性能はこちら

Tz50003
親機。インジケーターはメーター上に設置してあり、電波を拾うと激しく光ります。






以上が購入時に既に装備されていたパーツです。いわゆる「フル装備」ですね。正直、これらの装備も購入をひと押しした理由であることは否定できません。
さて、これ以外に納車時にお願いしたのは、「ローシート」。身長166cmのオイラには純正シートでは全く足が付かず、乗って帰ることもできません。そこでシートを交換したわけですが、これは次回に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

新たな出会い、そして。

F800_001_2

F800で旅を続けて一年、本当に楽しく、このバイクからはコーナーリングの楽しさをたくさん教わりました。これまでアップハンドルしか乗ったことのなかった僕にとって、こんなに容易く、気持ち良くコーナーを抜けられたことは、これまでの人生の中でも初めての発見でした。「楽しい!」。この感覚が今でも続いています。

一方、R100GSPDと比べ、Fは決定的に足りないものがひとつだけありました。それは「旅感」です。長い距離を共にし、旅の途中でバイクを停め、そしてまたバイクに戻ってくる。そこには主人を待ちわびる愛馬がいるわけですが、Fはあまりにもクールすぎるんです。おかえり、ただいま。さあ行こうか。うん。このような対話を望んでも、つーんとそっぽを向かれてしまう感じ。一緒に旅をしている感覚が薄いというか、やっぱりクールなんです。その点GSは、何だか一緒に苦楽を共にする相棒というか、もっというと、母のような包まれ感があるんですね。だから一人旅が多い僕にとって、性能とか、スピードとか、燃費とかの前に、この「旅感」をとても重視するのです。ちょっと変態ですね。

そんな思いが募る中、突然出会ってしまったのが、憧れのR1200GSAでした。しかも、フルパニア、社外パーツ山盛りで、相場よりずいぶんお安いプライスで。

Dsc_0012j

そりゃ悩みました。Fも気に入っているし、現行GSは憧れだけど、もうちょっとFにライディングを教えてもらおう、と思っていたので。ただ中古車は、一物一価の出会い。Fを売却する算段まで考えましたが、思ったより査定が低かったこと(Fはタマがだぶつき気味、とのこと)、そして妻が「売らなきゃいいじゃん」の一言で踏ん切れました。2台体制で行こう、と。このような環境変化が、この3年の間にありましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

3年ぶりのブログ更新です。

R1200gsa_top2

縁あって相棒が増えました。理由は追々と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2011年1月 »