« 3年ぶりのブログ更新です。 | トップページ | R1200GSAに付いていたモノ。 »

2010年12月 6日 (月)

新たな出会い、そして。

F800_001_2

F800で旅を続けて一年、本当に楽しく、このバイクからはコーナーリングの楽しさをたくさん教わりました。これまでアップハンドルしか乗ったことのなかった僕にとって、こんなに容易く、気持ち良くコーナーを抜けられたことは、これまでの人生の中でも初めての発見でした。「楽しい!」。この感覚が今でも続いています。

一方、R100GSPDと比べ、Fは決定的に足りないものがひとつだけありました。それは「旅感」です。長い距離を共にし、旅の途中でバイクを停め、そしてまたバイクに戻ってくる。そこには主人を待ちわびる愛馬がいるわけですが、Fはあまりにもクールすぎるんです。おかえり、ただいま。さあ行こうか。うん。このような対話を望んでも、つーんとそっぽを向かれてしまう感じ。一緒に旅をしている感覚が薄いというか、やっぱりクールなんです。その点GSは、何だか一緒に苦楽を共にする相棒というか、もっというと、母のような包まれ感があるんですね。だから一人旅が多い僕にとって、性能とか、スピードとか、燃費とかの前に、この「旅感」をとても重視するのです。ちょっと変態ですね。

そんな思いが募る中、突然出会ってしまったのが、憧れのR1200GSAでした。しかも、フルパニア、社外パーツ山盛りで、相場よりずいぶんお安いプライスで。

Dsc_0012j

そりゃ悩みました。Fも気に入っているし、現行GSは憧れだけど、もうちょっとFにライディングを教えてもらおう、と思っていたので。ただ中古車は、一物一価の出会い。Fを売却する算段まで考えましたが、思ったより査定が低かったこと(Fはタマがだぶつき気味、とのこと)、そして妻が「売らなきゃいいじゃん」の一言で踏ん切れました。2台体制で行こう、と。このような環境変化が、この3年の間にありましたとさ。

|

« 3年ぶりのブログ更新です。 | トップページ | R1200GSAに付いていたモノ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな出会い、そして。:

« 3年ぶりのブログ更新です。 | トップページ | R1200GSAに付いていたモノ。 »