« 人生初のハワイに行ってきました。 | トップページ | 目ヂカラ。 »

2011年9月27日 (火)

iphone4をSIMフリー版に変更


Iphone4_2

au田中社長が「ノーコメント」との意味深なコメントを残す最中、
先日ハワイのアップルストアで、念願のSIMフリー版i現行phone4をゲットしてきました。

9/中旬のハワイ来訪時点で、すでにiphone5が近々近々リリースをされることはわかっていましたが、

①とにかくdocomoでiphoneを使いたかった(ツーリングで全国を回るので、docomoじゃないと何かあったら不安!)
②iphone5も、きっとSIMフリー版は国内では出ないと推測
③海外ではフリー版は出るだろうが、リリース直後はなかなか手に入らない、または手に入ったとしてもプレミアが付いて高価と推測

以上の理由により、兼ねてより体験したかったdocomo×iphoneを手に入れました!


さて、以下自分の行動をログ化しておきます。


<ハワイにて>

①9/10 ハワイ・オワフ到着日、早速ホノルルのApple Storeへ
②日本語の話せるスタッフを発見(日本人のイケメンスタッフでした)。早速SIMフリー版の在庫を確認
③「ありますよ、黒も白も」との話しで、金額を聞くと、32Gで$765(税抜)とのこと。日本円で約6万円であることを確認。円高に感謝
④1時間悩み、再訪問~購入へ。端末の日本語化と、アクティベーション準備を専門スタッフにやってもらう。

<日本にて>

◆docomoショップにて

①近所のdocomoショップに、現在使用中のガラケー(富士通製)を持って来店。SIMフリー版iphoneを手に入れたので、docomoで使えるようにしたい、と依頼。
②SIMのロック解除に関する説明をいただく。

1)SIM交換費用、初回は無料 *1
2)iモードメールは原則受けられないこと *2
3)通信料の上限が、場合により10,395円になる *3

*1マイクロSIMへの交換費用です。ちなみに通常サイズで私用するためのアダプタ(通称:ゲタ)は、docomoからは提供されず、市販のアダプタも推奨はしていない、とのこと。
*2 iモードの加入継続は可能。iモードメールを見るためには、
サードパーティ製iphoneアプリ使用で、利用可能(自己責任)。ただし「iモード.net」加入必須。そしてmoperaへの加入も必要。
*3「場合により」が気になり突っ込んでみると、
docomo側が接続機器を「PC」と判断するか、「スマホ」と判断するかで費用上限が決まるようで、iphoneはdocomo側も「スマホ」と設定しているようなので、恐らく「テザリング」を使用しなければ通常android端末同様、の5,945円上限(データ通信のみ)で済むのではないか、との話。ただ、くれぐれも保障はできない、とのことなので、当面デザリングを使わず利用料をウォッチしていこうと思います。また報告します。

③iモードメールを使用するには、「iモード.NETをPCで設定し、かつガラケーで端末認証しないと利用開始できないことが発覚。一旦自宅に戻り、「iモード.NET」の申込み手続きを行う。

④再度docomoショップに訪問。
先ほど説明を受けたので、スムーズに手続き完了。所要時間5分。


◆自宅にて

①まずは母艦Macbookとの同期。itunes「復元」モードにて、従来のiphoneと同環境にする
②電話が普通に使えるかテスト。設定>キャリアにて「JP DOCOMO」を選択。難なく使えた
③次にiphoneでの3Gデータ通信テスト。一般>ネットワーク>モバイルデータ通信:ON、モバイルデータ通信ネットワーク>APNを「mopera.net」と入力。以上、通信可能に
④iモードメールを受信できる設定を。私は評判の良かった「iMoGetter」を導入。自動受信、バッジに件数表示、絵文字対応など、全く不便なく稼動。


といった感じで、無事普通に「iモードメール」が利用できるdocomo iphoneが出来上がりました!


<2~3日使った感想>


身軽になった!

これまでのiphoneの接続は、別途所有するdocomoのwifiルータ経由で「wifiオンリーマシン」として使っていました。PCやipadも所有しているので、wifiルータにデータ通信を集約することで、コストを抑えるためです。(これによりsoftbank
iphoneは月々988円でした)
しかしデメリットとして、iphoneを使うにはwifiルータとの2台持ちが必須であること。これってやっぱり結構面倒なのですね。それが1台持ちになり、一気に身軽になりました。


iphoneのキラー機能は、「通信のチカラ」であることを再認識


今回わかりました。スマートフォンにおける最強の「機能」は、「電波の強さ」なのですね。この、いつでも繋がる安心感により、今まで以上に積極的にiphoneを使うようになりました。


<初回のまとめ>


あと数週間で恐らくiphone5が登場することでしょう。

しかし、これまでにない満足度をもたらしてくれている「iphone4」を、当分は使い続けるつもりです。そして、データ通信費用が確認できたら、次はテザリングにトライしてみようと思います。

ネットでは「上級者向け」的な言われ方が多いSIMフリー版iphoneですが、そんなに難しくありませんでした。どうしてもdocomoでiphoneを使いたい!という方は、恐れずトライしてみてはいかがでしょうか?また、気になる金額も、上記のdocomo店員さんの話を信じるならば、android端末の利用費と同額になるようなので(この件は未確証なので、追ってレポします)
、本当はiphoneを使いたいんだけれども、というユーザにも利用金額次第ではオススメできるかと。端末の入手ルートも、最近は通販で気軽にSIMフリー版が手に入るようですし。


【補足】

ちなみにこれまで持っていた以下2台は、速やかにsofmapにて買取いただきました。

1)softbank:iphone4 ブラック 32G :27,000円
2)docomo:MEDIAS N-06C amadana :27,000円

これでdocomo iphone費用とほぼ相殺と、自己納得。

|

« 人生初のハワイに行ってきました。 | トップページ | 目ヂカラ。 »

コメント

難なく使えるんですね!
僕もiPhoneに戻りたい…
ってことで、来月(^^;

投稿: kzbarber | 2011年9月27日 (火) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iphone4をSIMフリー版に変更:

« 人生初のハワイに行ってきました。 | トップページ | 目ヂカラ。 »