« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月11日 (水)

GALAXY NOTE 購入。

Imgp0268

apple信者であるし、半年前にハワイで買ったSIM Free iPhone4(Sじゃない)の満足度もパーフェクトだし、先日も「ガジェットの浮気は結局ムダな投資になる」と心に決めたばかりではありますが、やっぱりつい手を出しちゃうんですよね。
本国発売当時から気になっていたモデルであり、海外版を買っちゃおうかなと思った時期もありましたが、「auから出そう」という情報を信じ様子見数ヶ月、そんななかのdocomoサプライズで、もうイクしかないでしょ、と予約をしてゲットした次第であります。

いまさらながら一応述べておくと、僕は無類のガジェット好きであり、palm(=IBMのwarkpad)あたりから始まり、handspring、crieを通過したPDAの「手書き」ユーザ。今回のGALAXY NOTEの「手書き機能」にも、無条件で反応したわけです。


<遍歴>

◆PDAカテゴリ


IBM:wordpad

・Handspring Visor  スケルトンモデル(ブルー)

HP:jornada 680 →そいえばこれも「ペン」が付いていました

・sony crie ×4台

PEG-S300
PEG-T600C
PEG-NX73X
PEG-TJ37

◆ケータイカテゴリ

・J-phone DP-211SW →これも小さなペンが同梱

・htc eMonster:emobile

・iPhone3 SB版
・iPhone4 SB版
・iPhone4 SIM FREE版 (使用中)

・GALAXY TAB
・MEDIAS

・iPad wifi
・iPad2 wifi(使用中)



こんな履歴を前提に、5日間使ったところでGALAXY NOTEをファーストレビューをしてみます。

題して、「iPhoneヘビーユーザ目線の、GALAXY NOTEレビュー」

まずは価格comのレビューテーブルに習い、まとめてみます。


Imgp0257
現在のラインナップ。左から2番目がgalaxy note。その右が、初代garaxy tab。



[デザイン]

・まあ普通なデザイン。筐体のつくりは、やっぱりiphoneのほうが上、というか、工業デザインとしてのレベルが上です。
・ハードウェアとしての魅力は、正直乏しいです。いわゆる所有感が薄い感じですね。

[携帯性]

・悪くないです。重さも約184gあるようですが、気になりません。
 手に取った感覚は、むしろiphoneのほうが「ずっしり感」があります。


[ボタン操作]

ソフトウェアで左利き/右利き用にキーボードが寄せられますが、それでも
キーボードの一番端側はとても押しづらく、親指がつりそうになります。

Imgp0276

左端が届きません。僕の手は恐らく標準(きもち小さめ)

Imgp0277

iPhoneなら余裕。ジョブスがこのサイズにこだわるのもよくわかります。

[文字変換]

普通。それより、appleとandroidは、同じソフトウェアキーボードでも
微妙に配列や操作が違うのですね。最初はそこにちょっと苦労しました。


[レスポンス]


androidでは最速系とのことですが、正直そんなに期待したほどでもないです。iphoneのほうが断然早く、
レスポンスも上です。相当appleを研究しているのでしょうが、なぜ追いつけないのか不思議なぐらいです。


[画面表示]

800×1280pixで大画面ですが、まあ想定内です。さほどの感動もなし。液晶はまあきれいですね。ただ、Retinaディスプレイのほうがきっときれいでしょう(きちんと比較していないので想像です)


[通話音質]

docomo SIM ×iPhone4 での使用に比べ、音質や断線が多い感じがします。なぜだろ?ここ、ちょっと不満です。


[呼出音]


普通です。サウンドのセンスは1000% appleのほうが上。

[バッテリー]

アクティブな使用で8時間程度です。感覚的にはiPhoneと同じか、少し持ちがいいか、って感じ。


[手書き性能について]


これは一番気になる点だったので。

Imgp0273

ペンは結構チープ。それと、無くしやすそう。

<ソフトウェア>

①samsung純正「sメモ」(プリイン):

まあまあ、といった感じです。よくレビューされている画像切抜き~貼り付け~手書き追加、の一連の動作も、悪くありません、というかいい感じです。ただ、一連の動作がわかりずらい点があります。
iphoneアプリは全体的にappleのルールがきちんとされているせいか、おおよそやりたいアクションが想定できますが、このあたりはandroidの仕様でしょうか、どこからその機能を呼び出すのかわかりにくい。マニュアルを読めばわかるのでしょうけど、やっぱりappleのほうが好みです。

②7notes with mazec-T(プリイン):

これはipad向けのアプリもありますね。それとの比較ですが、やはりハードウェアとの最適化がきちんと取れているように感じます。
ipadよりも、利用に違和感がない感じがします。ipadではあまり使わなかったアプリ自体も、これだと使えそうな感じがあります。



<ハードウェア~手書きの感覚>

さていちばん気になっていた手書きの感覚ですが、プロの方のレビューでは絶賛されている記事をよく見かけましたが、まあ点数的に言うと70点ぐらいです。しかし、相変わらずipad用のスライタスペンで自分的に70点を越えるものがないので、この領域ではappleを超えている、といっても過言ではないかと思います。

Imgp0281

手のひら側面が液晶にあたり誤記入されてしまうこともほとんどありません。このあたりはよく練られています。



【総括】

さて。ではiphoneと比較し、移行するか?と問われるならば、今時点では「恐らく、ない」と答えるでしょう。

私にとってiphoneは電話であり、情報源であり、お財布でもあり(カードケースに入れて使用)、連絡手段でもあり、つまり皮膚のような感覚なので、これを簡単に手放そうなんてことは感がられません。

しかし。

iphoneで出来ないこと、もちょっとこうなったらいいな、つまりiphoneにはない、いくつかの「エッジの効いた」ポイントがあります。

それは

・本体にビルトインされるペンが付いている(ここが重要)手書き機能であったり、

・ちょっと手書きでメモを取ってみようか、という気になったり

・手のひらに収まる最大画面サイズは、やっぱり見やすい(特に最近目が悪くなってきた>老眼近い?)

・LTEなのでちょっとだけ速度が速かったり

・発展途上のandroidの進化を体験できたり



あたりです。

さてこの感覚が、今後どのように変化していくか。

また不定期にレビューします。

ps.あとバイク用のナビにも使えそう、というのも重要な理由です。

 bluetooth付のナビって、まだ多くありませんしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »