« ようこそ!F800GS。 | トップページ | メトロツーリングに行ってきました(初参加) »

2013年3月18日 (月)

F800GS、第一印象。

Img_2759
P1150441
P1150458

P1150460
P1150461

P1150462

P1150468




さて、早速300kmほど走ってきましたので、その感想をば。

1)まず体感的な点から。(すべてR1200GSAとの比較です)

〇全体的にやはりGSAよりは軽い感じ
〇実際の車重はマイナス50kg程度らしいが、転倒時に何とか自分で起こせそうな感じ(精神的ゆとり)
〇サイドスタンドの引き起こしがラク&角度もGSAほど寝ない(つまりゲタは不要。ただし設置面積は狭いので注意)
〇精神的に身軽&気軽になった
〇ガソリン満タンにしても、車重に影響を感じない
〇軽量&短ホイールベースで、Uターンもラク

 ※訂正:ホイールベースはF800GS:1590/R1200GSA:1510で、Fのほうが長かったです。ここに訂正しお詫びいたします(@iconatさん、ご指摘ありがとうございます!)

〇シンプルなスイッチ類で、直感的に利用可

△足が地面に付かない(シート高890mm)※GSAはK&Hのローシートを付けていました
△寒い(Fシールドが小さい&タンク張出しが少ないので腿が寒い)
△チューブタイヤなので、何となくパンクのことが気になる
△プロダクトそのものは、やはり「コストダウン」を感じるつくり。新型200GSと約50万円の差とは思えない?


2)エンジン、サウンド周り

〇Fのエンジンは総じて好きなので、思ったとおり
〇アクセルのツキが、MC前に比べてマイルドになった(これ重要)。
〇マフラーサウンドも、MC前に比べ少し静かになった?
△GSAに比べると、やはりトルクが足りない(低速2速で、エンジンが止まりそうになる)

3)走り

〇良い。問題なし
△中間排気量、短ホイールベースゆえ、ロングツーリングという点ではGSAに譲る


さてこうやって見てみると、実は各メーカーがラインナップをする「ミドルクラス」の利点を踏襲しています。

カラダの小さい日本人にはこの「中間サイズ」が本当は理想的といえるのでしょうが、やはりF800GSに乗っていて感じることは「どうだ感」が足りないことですね。

どのメーカーでも販売戦略上「フルサイズ」のみが醸し出す、独特なオーラというか、「どうだ感」がやっぱりこのバイクには少ない。他人からの見られ方(つまり見栄)もそうだけど、例えば林道の峠の頂上に着いたとき、ふと振り替えって「こんな巨体とよくここまできたオレ、エライ」的などうだ感、それもない。まあ来られて当然だよね、Fだからね。こんな感じ。



これを良しとするか、否かは、これからのこのバイクとの付き合い次第で決まっていくような気がします。

さてどんな関係が築けるか。楽しみ楽しみ。






(伊豆:河津まで、これを食いに行きました。)

P1150471

|

« ようこそ!F800GS。 | トップページ | メトロツーリングに行ってきました(初参加) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568735/56984741

この記事へのトラックバック一覧です: F800GS、第一印象。:

« ようこそ!F800GS。 | トップページ | メトロツーリングに行ってきました(初参加) »