ツーリング

2011年6月 7日 (火)

「GSチャレンジ2012」に出ようと思ったときの、38のTIPS。

Gsc_top

昨日もGSチャレンジの話しをしましたが、今日も同じネタを。

来年、ぜひ出てみたい、という皆さんのために、今回の経験を生かした、独自のTIPSを公開します。
ぜひご活用ください!

※以下の情報は「JAPAN GS Challenge 2011」に関する情報であり、2011/6/6時点の情報です。内容は変更になる可能性がありますのであらかじめご了承ください。

------------------------------------
【2011年度 基本概要】

◆イベント名;JAPAN GS Challenge 2011
◆日程;2011/6/3(金)~6/6(日)
◆参加費;ビギナーズパッケージ;31,500円、一般参加;26,250円、観戦・同行:10,500円
◆天気;三日間とも晴天
◆参加人数;約250名
◆GS占有率;約90%、BMW占有率約95%
◆自宅からの全走行距離:約850km
------------------------------------




<思い立ち>


・事前情報収集として、GSチャレンジ開催に関する各種情報はBMWモトラッドサイト にて掲載あり。その他にもモトラッドディーラーのサイトやブログにも情報あり。

・仲間と行くのは楽しいに決まっているが、単独参加でも十分に楽しい。なぜならば全国からソロの同志がたくさん来ているので、少しの声がけ勇気があれば、その場で仲間となり、充実した3日間が送れること間違いなし。



<決意~申し込み>

・2日間で約3万円は決して安い金額ではない。ただ、それだけのことはある。

・金額が高いと言う輩もいるが、あれだけの規模、安全性のコミット、街との調整、講師陣、運営スタッフなどを考えれば、自分は妥当と考える。

・事務局にお金を振り込んでも、入金確認連絡などはやってこないが、イライラせず待つべし。いずれ資料が郵送でやってくる。



<準備>

◆装備:

・ヘルメット:オンロードツーリングに便利なジェットタイプだが、参加条件として顔面を露出しないタイプのものとのコメントがあった。シューベルトのJ2にてご参加の方もいらっしゃったので、ジェットはJ2限定で大丈夫か?要問い合わせ。

・ブーツ:オフ用が望ましい。林道走行中、水たまりや枝の散乱など、足元のコンディションが悪いところが少なくないので。

・ウェア:移動用、現地スクール&林道用、そしてくつろぎ用の3タイプ用意すべし。移動用は普段のツーリングウェア、現地用はオフロード走行を意識した服装、そして夜のくつろぎ用にはたっぷりの防寒を。夜は半端なく寒いです(>_<)


◆コマ図ケース:

・マップケース、あると便利。自作も可能らしい 。買うと結構高いとのこと。

・A4クリアファイルで代用可、事務局資料にはと書いてあるが、タンクバッグ上のマップ入れで代用可能(ツーリングマップルが入るサイズなら可)

・経験者と同行し、その人に付いていけば、極端な話し上記は不要。ただ、せっかくなので、コマ図の読み方を覚えて帰りましょう。


<出発当日>

◆移動時間

・東京方面:10時受付のビギナーズスクール参加の場合は、朝4時30分には調布ICを乗られた方が賢明。約6時間。

・名古屋方面:場所にもよるが、レッスン会場まで3.5-4時間かかるとのこと。

・関西方面:4.5時間程度とのこと。


◆夕食と翌朝食の準備

・初日夜と翌日朝食は料金に含まれず。事前予約をお忘れの場合は、途中で必ず食料調達をすること。


<ビギナーズスクール>

・初めての参加で、よっぽど腕に自信のある人以外は、金曜日開催のビギナーズスクール参加がオススメ。基本動作を教わるので、翌日のツーリングが心理的に非常に楽になる。

・スクールをオススメするもう一つの理由。グループ分けでのレッスンなので、同じグループの人と必ず仲良くなる。翌日以降も、気が合えばその仲間と行動が共にできる。

・スクールの内容は、座学、スラローム、急制動、旋回の4本立て。最後にプチ林道体験コースにて終了。約4時間。

・スクール当日の昼食に注意。近所に食べる場所はほとんどない。



<宿泊場所、売っているもの>

◆宿泊場所;無印良品 南乗鞍キャンプ場 

◆キャンプ場での販売商品:
他のキャンプ場と同じく、お弁当やお惣菜類の取り扱いはなし。無印経営なので、無印製品(食品、日用品など)は普通においてある。また、PRIMUSのガスカートリッジやマントルなども置いてあり、便利だった。

・キャンプサイト近隣の温泉が少ない。



<現地でのアクセス>

・スクールの会場とキャンプエリアの距離、バイクで約40分。結構ある。

・近くにコンビニは、もちろんない。



<食事関係>

・土曜日昼食、夕食、そして日曜日朝食の3食付き。どれも一工夫あり、美味!
・お酒は別売り(当然か)


<コマ図ツーリング>

・メインイベントのひとつ。とにかく楽しめます!

・基本的に2日間開催(土曜日:約120kmコース、日曜日:約50kmコース)。

・時間:スタート朝9時前後、先頭集団13:30頃ゴール(完走約4.5時間程度)

・全距離;約120km、体力消費に注意。



<スキルチャレンジ>

・メインイベントのふたつめ。

・昼食場所付近のオケジッタスキー場特設エリアで行われる、ヒルクライムテクニカルコースのチャレンジイベント。OHC/DOHCクラス、OHVクラス、F&Gクラス、HPクラス、その他クラスにてタイムを競う。決勝戦は、キャンプエリアに移動し、更なる難コースにチャレンジ。

・自分は当イベントには参加せず。来年はチャレンジしてみたい。


<パーティ>

・山田純さんを始めとしたプロのインストラクター/ライダーの皆さんによるトークイベント。各社出展のオークションイベントも実施。盛り上がる。



<参加記念品>

・Tシャツ、記念ピン。記念ステッカーは別売(1,000円)。

・上記とコマ図は、キャンプ場受付時に貰う。



<終了~帰路へ>



・東京方面から参加の場合、往路は中央道→伊那ルートが基本となるため、復路は野麦峠経由、松本ICからの岐路を推薦。適度なコーナーリングが気持ちよい。



<イベント運営全般の印象>

・BMWのイベントではあるが、参加者を決して甘やかしたりはしない。何でもやってくれる「おもてなし」が必要ならば、このイベントには参加しない方がいい。


-----------------------------------

※上記はあくまでも個人的な感想としてまとめてありますので、最終的にはご自身の判断でお願いいたします。




以上、自分用の記録でもある、まとめでした。


今回現地でお会いした皆さん、来年はぜひという皆さん、

ぜひ現地でお会いしましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

『Japan GS Challenge 2011』にエントリー!

GSを手に入れて以来、絶対に行ってみたかったイベント「GSチャレンジ2011」に今年はそうそうに応募しました! 過去のレポなど見ると、悪路ビギナーにも優しく、とても楽しいイベントらしいです。いまだ一向に腕が上がらないライディングから脱却できるでしょうか?

201007_memo01_2

で内容はまた参加後詳しく書くとして、今回はそのエントリー方法について。

事務局の皆様は非常にご苦労されているとは思いますが、FAX応募+振込、または現金書留にて郵送、ってさすがに今風ではないのではないでしょうか?

僕はFAXだって持っていないし、近くに郵便局も見あたりません。現金書留って、手数料結構掛かりそう、など、申込みの敷居がめちゃめちゃ高いんです。ぜひ来年は改善をお願いします〜!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

MAXFRITZ沼津に行ってきました。

Img_0887_2

東京、神戸、名古屋と、自宅や赴任地のそばに必ずあったMAXFRITZ。ここんちの服作りのこだわりは改めて書くとして、今回は「そば」とは言えませんが、東京から高速で1時間少々、箱根回りでも2時間強の沼津へ、会社の友人と行ってきました。

ここの「MAXFRITZ沼津」は、僕はかつて行ったことのある4店舗のなかでのなかでも一番面積が広く、かつ、全国で唯一の「アウトレット商品」常設店。全体の1/2を占めるアウトレット群は、MFファンの僕にはタマらないものがありました! メンズの充実ぶりに加え、レディースものもたっぷりと置いてあるのがいいですね。これは定期的に通ってしまいそうです(^^)/

Mf
今回の戦利品のひとつ、シャツジャケット。17,000円(税別)が、半額でゲットできました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

【謹んで再掲】2011年11月20日。男鹿半島ツーリング。晴れ。

3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

-----------------------

震災当初から書くかどうか相当悩みましたが、また必ずや復興を遂げると信じ、当時の素晴らしい景色を再度掲載します。

2011年11月20日。晴れ。R1200GSAの納車後、初めての長距離ツーに選んだのは、仙台の東、牡鹿半島でした。



0001

男鹿半島の尾根沿いを走る、コバルトラインでの夕景。恐らく、海岸線の夕景では人生で一番。

 

0004

翌日、同じくコバルトラインより。穏やかな湾を朝日が照らしていた。

 

0006

こんな素敵なベンチは、どこにもない。

 

0007

決して観光客が多いわけではなかった11月。だからその分、十分に楽しめた。

 

 

0009

御番所公園展望台。東西に湾が一望できる、牡鹿半島屈指の名所。

 

0010

展望台より入り組んだ湾を望む。リアス式の地形がそのまま残る。

 

0011

展望台より海へ下る道。正面は、ただひたすら海。

 

0012

松島へ向かう道中の嵯峨渓遊覧船乗り場。多くの人が、ここから松島の景観を楽しむ。

 

0013

裏松島へ向かう県道。左の堤防台のすぐ向こうは海。

 

0014

小島が点在する入り組んだ地形に、みちのくの奥深さを垣間見る。

 

0015

途中立ち寄った小さな海岸。11月だというのに、とても暖かな日差しが降り注いでいた。

 

0016

松島を望む高台にて。どうやってこの地形が生まれたのだろう。

 

0017

まるで池のような漁港。波なんか、ひとつもない。

 

0018

海抜ゼロメートルとは、このようなことをいうのか。ここもまるで貯水路のようだ。


当時、泊めていただいた宿の女将との雑談の中で、「最近、お客さんがちょっと減っていてね」の話しに、ぜひ仲間にもこの地を勧めておきますね、と約束しました。

多くのライダーも復興を願っています。また、自分なりに皆さんのお力に少しでもなれる何かを、

みんな精一杯考えています。

だから、屈せず、ぜひ復活してください。

近いうちに、必ずまた素晴らしい夕日を見に行きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

いい大人の房総。

P2050003

2週続けてのバイクライド。今回は久しぶりのマスツーリング、今回は房総半島、金屋の「アジフライ」を食しに行ってきました。

この日は気温も穏やかで、朝から3月並の気温。ただどの程度の着込みが必要なのか非常に悩む気候であります。

結局

<上着>
・モンベル 真冬用JKT
・GW ウィンドストッパー
・ユニクロ 薄フリース
・厚手長袖アンダーウェア

<下>
・ヘンリービギンズ ウィンターパンツ
・薄手のスゥエット
・厚手アンダーウェア
・ロングブーツ

で出発。

正直ちょっと暑かった感じでしたので、2月の通常時ならこの組み合わせがベストと思いました。


さて、今回の同行の皆さんは、昔からの仲間2名と、お初の方6名の計9名。
前傾系車両が比較的多かったのですが、皆さんとても素敵な方で、着こなし含め
非常に参考になりました。

今回の目的は、ずばり旨い「アジフライ」を食いに行くこと。
カーヴァーさんのブログを参考に、浜金谷「さすけ食堂」にいざ出陣。

Img_0801

さてそのお味ですが、正直「こんなに柔らかいアジフライを生涯食ったことはない!」という感じでした。旬とは言えないこの時期でこのクオリティですから、夏が旬の季節はどれだけ旨いんでしょ。ぜひ夏にまたこなきゃ、です。

Img_0803

Img_0805

これがもうひとつの名物、「カジメラーメン」。ラーメンですが、味は日本蕎麦を食っているような感じでした。

さてご一行、満腹の後は定番「温泉」へ。今回は不老山薬師温泉へ。ここは健康ランド的なところではなく、歴史を感じる立派な温泉宿を日帰り客にも解放している、関東近郊では珍しい場所。浴室は決して広くはありませんが、やや緑かかった湯色は、低温でもとてもポカポカになるいい感じのお湯でした。

Img_0807

15時過ぎに岐路へ向かうも、すでに渋滞が開始中。アクアライン以降アクセスも良く、ちょいちょい来たいので、次回はもう少し早めのアクションを起こすとしましょう。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

今年初のツーリングは。

通年ライダー宣言をしたにもかかわらず、年明けから寒さで外出をもためらう程の気候。こんなんじゃアカンということで、三浦半島プチツーリングを実行しました。


第三京浜〜横浜横須賀道路〜城ヶ島といういつものルート。三浦半島の先っちょは、東京から本当に近いです。

Img_0789

さてお目当ては、三崎の海の幸が満喫できる「しぶき亭」へ。
三崎と言えばまぐろ、そして刺身と来るところですが、僕が好きなのはこの
「まぐろカツ定食」1,000円。

20110129_125118

小皿がいくつか付いているのは「インターネットを見た」で付いてくるおまけ。

ふぅ、やっぱりここの料理は絶品!

往復160km、このまぐろを食らうためだけが目的の、今年初ツーリングになりました。

それと今回試したかったのが、タンクバッグの地図ケースにGalaxyTabを入れてのNAVI。(写真汚くてすいません。近々再撮します)

Dsc_0018

結論から言うと、かなり使えます。今回はブルートゥースイヤフォンは未装備だったため音声は聞こえませんでしたが、画面が大きい分非常に見やすい。ただバッテリーは恐らく1日持たないので、外部充電を併用しながらの利用がよいと思われます。あと、有料道路移動中にハイウェイモードにならなかったけど、これは設定で何とかなるのかな? ちょっと調べてみて、また報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

2010年ツーリング振り返り④ 【10〜12月】編

秋こそツーリングの本番!ということで、主に東北エリアを中心に回りました。


◆2010年10月23日 猪苗代 山都蕎麦ツーリング<1泊>

うちのクラブは蕎麦好きが多いので、だいたいランチは蕎麦と決まってます。

1023_01
所属するツーリング会のなかでは定番「山都の水そば」。日本一旨いと多くの人がおっしゃいます。

1023_02
総勢8台。みなさんライディングもとても上手です。

1023_03
これがとろとろの「そばがき」。要予約の貴重な品です。




◆【番外】 2010年11月6日  祝!R1200GSA納車。

秋晴れの休日、横浜から自宅までの岐路にひたすら写真を撮りまくりました。

1106_01



◆2010年11月7日 R1200GSA 初ツーリング@箱根<日帰り>

R1200GSA納車初のツーリングは、馴染みの箱根へ。

1107_01
何度見ても大観山から見る富士山は綺麗ですな。


1107_02
まだ全然慣れず。ローシートにしても、足つきがかなり不安です。




◆2010年11月13日 再度箱根〜湯河原焼きそばツーリング<日帰り>

B級グルメの中でも焼きそばが断然に好き。ということで近場の名物店へ。

1113_01
これが湯河原坦々焼きそば発祥の店、「餃子シュウマイの店」(これが店名)。少々不安な雰囲気…


1113_02
これが噂の「坦々焼きそば」。ピリ辛ですが、そんなに辛くありません。



◆2010年11月20日 仙台 牡鹿半島ツーリング<2泊>

地図を見ていたら無性に行きたくなってしまいました。ということで、仙台界隈。

1120_01
牡鹿ブルーラインにて。この場所で、素晴らしい夕日が望めました!


1120_02
牡鹿一番の眺望をもつ公園。日本一のcafe、ありました。


1120_03
秋色ということで、一枚…。


◆2010年12月4日 三浦半島一周ツーリング<日帰り>

ちょっと寒くなってきましたが、まだまだオンシーズン。秋が残る三浦は暗闘へちょっくら。

1204_01
横浜横須賀道路の終点を下車したあたり。都心から近いのに、この景色は凄いと一人感動。

1204_02
堂ヶ島灯台に上る途中にて。木陰から海を望む景色がキレイすぎます!

1204_03
この時の目的はコレ。「マグロカツ定食」。うまかった!



◆2010年12月9日 茨城 あんこう鍋ツーリング<1泊>

例年〆は伊豆・戸田でカニ忘年会をやるのですが、今年は趣を変えて茨城・あんこう鍋忘年会に変更となりました。

1209_01
名物「どぶ汁」。個人的にはやはり苦手な味でした…。

1209_02
どぶ汁の他に出てきた1人前料理。これに6人分のお造りがどどーんと出ました。



1209_03

翌日さすがに魚料理は勘弁と、中華料理店にてソース焼きそばを注文。やっぱり焼きそばが好き♪



◆2010年12月19日 2010年ラストライド お気に入りのcafe、見っけ!

バイクはツーリング以外使用しなかったのですが、近場でCAFEってのを初めて体験しました。悪くないですね。ただ、停めたバイクが気になる…。


  
1219_01
新横浜駅近くのスタバは、店内から停めたバイクが眺められる、理想的なcafe。休日朝なら混み合うことも少なそう。


1219_02
ランチは第三京浜都筑PAの「サンマー麺」。ここのはボリューム、金額、味とも満点です!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年ツーリング振り返り③ 【7〜9月】編

7月から東京にまた着任しました。この5年間で、大阪2年、名古屋1年とツーリングエリアが広がりましたが、またホームに戻り東日本が中心となりました。



◆20107月24日 ビーナスライン&八ヶ岳ツーリング<1泊>

東京に戻ってきての第1発目はビーナスライン。季節も良いし、最初にはふさわしい場所でした。


0724_01
久しぶりのビーナスラインは、やっぱり爽快でした!

0724_02
この空と緑の深みが調和された景色は、ビーナスラインならではのもの。

0724_03
帰りに立ち寄った八ヶ岳エリアでは、地元で有名なピザ店に向かうも、すでに時間遅し。次回は間に合うように行こう。


◆2010年7月31日 白馬モトラッドイベント&日本海まわりで岐路へ。

2年ぶりの白馬イベント。2010年は天気にも恵まれ、とても楽し一日でした。

0731_01_2

県道から枝道に入るこの旗が、気分を盛り上げます。


0731_02

白馬の途中で立ち寄った「おやきの里」。やきおやきが絶品でした。その場で焼いてくれます。


0731_03

日本一海に近い駅、JR「青海川」駅。それにしても「日本一」が好きだな>オレ。



0731_04
 
白馬からまっすぐ戻るのも何なので、北上して日本海まわりで岐路へ。途中下車した柏崎周辺で味わった地魚「海幸」。とにかく豪快なお店でした。




0731_05



◆2010年9月10日 箱根プチツー


午後から用事があったので、午前中のみのショートツーへ。
箱根ってそれにしても近いのに趣があっていいですね。

0910_01

0910_02

ホルスターバックを新調しました。ブリーフィング製。嬉しくてtwitterにupしたのを覚えています。



◆【番外】 2010年9月22日 R1200GSAとの出会い

会社で何気なくHPを眺めていたら目に飛び込んできたのがこのGSA。その後居ても立ってもいられず、翌日早速見に行きました。出会いから即、心は決まっていました。

0922_01

バックシャンですね。


◆2010年9月24日 磐梯吾妻&那須ツーリング<一泊>


実は行った記憶のない、関東のツーリングのメッカ「磐梯吾妻スカイライン」。那須高原も近かったので、併せて1泊で行ってきました。

0924_01

0924_02

これがよく雑誌に載っている「浄土平」。凄い霧で、残念ながら景色が堪能できませんでした。



0924_03

那須の名湯「鹿の湯」では、その大混雑ぶりにかなり戸惑ました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年ツーリング振り返り② 【4〜6月】編

昨年12月にF800Sにバイクを入れ替え、4月〜6月からは本格的にバイクに乗りました。
このことは、まだあと1年ぐらいは名古屋勤務のつもりでいたので、比較的近場をゆっくりまわっていたものでした。



◆2010年4月10日 愛知側の岐阜ツーリング<日帰り>

東海地方は名城が多い、ということで、城址好きの血が騒ぎました。


0410_01
なんか城跡って惹かれるんですよね。ということで、日本3大山城、恵那の岩村城跡へ。


0410_02
このエッジの立ち方がたまりません♪

0410_03

いたるところに桜が咲いていました。



◆2010年4月19日 琵琶湖ショートツー<日帰り>


あまり時間がなかったのですが、どうしてもちょっと乗りたくて琵琶湖へ。

0419_01
名古屋から琵琶湖って近いんですよね。このときは名古屋から初ツーリングでした。

0419_02

帰りに見つけたお気に入りのcafe。以降、ツーリングの〆はここでした。



◆2010年4月25日 彦根城&奥琵琶湖ツーリング<日帰り>


前回に引き続き、今回は湖西〜湖北へ。東側とは趣が全く違います。


0425_01

またまた琵琶湖です。今回は奥琵琶湖へ。まずは彦根城。この城もカッコいいですね。



0425_02
ひこにゃん。案外観光客の皆さんスルーしていました。


0425_03
滋賀の方は「海」と呼び、海水浴(湖水浴)を行うためのビーチがいくつか点在しています。
それにしても奥琵琶湖は本当に自然美が残されていて美しい。「マザーレイク」のコトバぴったりです。




0425_04

0425_05

滋賀名物「サラダパン」の本店へ。普通のパン屋さんといった趣きでした。


◆2010年5月15日 志賀万座温泉ツーリング<1泊>


久しぶりのマスツーリング。天気が良くて最高でした。


0515_01

恐らくこの10年で一番コンディションが良かった日。こんな高くまでバイクで来れるようになったのは
本当に幸せだなあ、と思いながら走った記憶があります。


0515_02
いいカメラが欲しくなりました、ホントに。



0515_03

万座温泉にて。ココのお湯は、僕の中では間違いなくベスト3に入っている名湯です。


◆2010年5月22日 愛知県山間部ショートツー<日帰り>


ぶらっと一人旅、ってやつです。近場です。

0522_01

この何もない県道が、いいんですよねえ。


0522_02
愛知県界隈の有名な「道の駅 山岡」。寒天ラーメンを食しました。満腹感にはいたらず!


0522_03


◆2010年6月5日 静岡・清水マグロツーリング


東京本社のバイク仲間と、中間地点で合流。こういうの、いいですよね。

0605_01

今回は総勢5台。東京・名古屋の中間地点である静岡で合流しました。


0605_02

これが「美保の松原」。ちょっと地味ですね。

0605_03

「清水魚市場おさかなセンター」にてまぐろ丼を食らう。肉厚で旨かった!


◆2010年6月12日 愛知県山間部ツーリング3<日帰り>


東京帰任が決まり、残り少ない愛知県を味わおうと、また近所の山間部へ行きました。

0612_01

愛知県には温泉がいくつかあります。その1つ、笹戸温泉周辺の図。


0612_02

名古屋IC近くの「藤一番」。まあ普通だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年ツーリング振り返り① 【1〜3月】編

新年初回の blogは、昨年からやりたかった「2010ツーリング総集編」を
4回に渡り書いてみます。

1月2月は、ちょっといろいろあってバイクに乗れず。本格的な活動は、3月からでした。


◆2010月3月14日  知多半島一周<日帰り>

0314_01_2
師崎港周辺。暖かい一日でした。

0314_02
食べる人のお宿 師崎一馬屋 「男の漁師丼」。旨かった!


◆2010年3月27日 伊勢志摩牡蠣食い放題ツーリング<1泊>

0327_01
バケツ一杯1000円。これだから産地はたまらない。と同行の輩。

0327_02
風車って意外にどこにでもあるのですね。

0327_03
だけど絵になるなあ。

0327_04
松阪と言えば牛でしょう、ということで、名店「牛銀」へ。あ、敷地内のカジュアル店の方ですが。

0327_05

0327_06
まあ旨いと言えば旨いし、吉野家と変わらんと言えば変わらんし。確か1000数百円。

0327_07
パールロードは、本当に気持ちの良い道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)