バイクグッズ

2007年11月11日 (日)

冬用ヘルメット買いました

バイクに跨りかれこれ20数年、これまでジェットヘル一筋のオイラ。

何といっても視界が広いし、開放感たっぷり。写真撮影もかぶったままOKだし、タバコ一服もOK。ちょいとした買い物にも、そのまま脱がずにOKというお気楽さが、ずーっとお気に入りの理由でした。「ジェットって、そうはいっても安全性が気になるんだよな」という友人の言葉にも耳も貸さず、両手ほどの数を通過してきたオイラの心を大きく揺れ動かしたのが、SHOEIシステムヘルメット「MULTITEC」 (マルチテック)です。




購入検討のスイッチが入ったのは安全性、というわけではまったくなく、同じくジェッペルマニアの国井律子氏の本に、初めてフルフェイスをかぶった時の印象「わーあったかい」という感想に心響いてしまったから。最初は彼女がハマっている「MOMO DESIGN」を検討していましたが、オイラの頭の形にあわず断念。これまでもBMWの純正とか、OGKとかこの手の存在は知っていたんですけど、どうもデザインが好きになれなかったんですが、こいつのデザインをみて、これならありかもな、とショップで試着しサイズを確かめネットでプチッと購入してしまいました(ショップさんゴメンナサイ)。




では、さっそく使用レポといきましょう。


まず、見てのとおり、一見して普通の(普通よりちょっとカッコいいと自画自賛)フルフェイス。しかし、中身はハイテク満載。ワンタッチでガバっと開く口まわり(アクティブプロテクターというらしいです)は、ほとんどジェットヘル同様の手軽さで、かつ下ろした時のフィッティングも良好。ストッパーも「カチッ」と気持ちよく止まります。ベンチレーションも全体のデザインを崩さずに上部、下部にさりげなく、しかしながら良好な通気性を保っています。




ところでオイラが驚いたのが、シールドの進化。シールドの上部から下部にかけて、「グラデーション」がかかっているんです。コレにはびっくり。明るい時間は普通にシールドを閉め、トンネルの中や夕暮れには少しシールドを上に上げることにより、暗い場所の視認性問題を解消しているそうな。グラデーションは、サングラスの世界では昔からあった手法でしょうけど、ヘルメットのシールドに採用という点、ありそうでなかったですよね。




さらに、シールド両脇に配された白いピン。これはフルフェイスにはつき物だった「シールドの曇り」を完全にシャットアウトするための「シート」を固定するピンとのこと。シールドの内側に装着するシート「Pinlock fog-free sheet」(別売) を装着することで、シートとシールド本体の2層構造による断熱効果がプラスされて高い防曇効果を発揮。曇りを防ぎクリアーな視界を確保します、とHPに書いてありました。うん、これは試したい。


そんな思いで先日初出動させてきましたが、その日はポカポカでヘルメットの中が曇るほどの気温変化もなくその効果は試すことができませんでしたが、この続きはまたここで報告します。


気になる重量もさして気にならず、オイラの頭の形にもよくフィットし、しかも、一番の購入同期であった「寒くない!」も実感でき、いまのことろとても快適な「MULTITEC(マルチテック)」。




通年ジェットヘルバイカーの皆さん、これ結構 目が点ですよ(・・)





|

2007年10月25日 (木)

ETCで困ること

ETCを少し前ですが、取り付けました。


いやー確かに便利ですね。しかも、時間帯により割引も受けられる。取付費込みで約40,000円だったと記憶していますが、これなら1年ぐらいで元が取れるのではと期待しています。


しかーし、こんな便利なアイテムも、以前出くわしたIC(インターチェンジ)では、とても不便なアイテムになってしまいました。それは、ICのゲートがETC完全非対応のとき。特にツーリング中は、荷物満載で走っていますよね。で、荷物を積む前にカードをセットするんですが、突然のETC非対応看板が目前に迫り、あれあれ~のパニック状態。


クルマのようにダッシュボードの付近にカード差込口があればさくっとカードを抜きICのおいちゃんに渡せば事なきを得るんでしょうけど、オイラのバイクは絶対に荷物を解きたくないシートの下。こんなときに限って、荷物のくくりつけが最高に決まって、とても気分が良いときに起こったりするんですよね。いきなり気分最低、ゲートの手前で周囲のクルマを気にしながら、せっかくの完璧な荷姿を全部降ろすあの切なさったら、本当にたまりません。


最近はさすがに数は少なくなりましたが、特にちょいとマイナーな自動車専用道路にはまだまだ非対応は現存すると思われます。


これからETC取り付けをお考えの皆さん、ETC本体の取り付け位置は、結構重要ですぞ。


まあオイラはこのようなネガ部分が多少あっても、スタイルを優先するオイラにとっては、取り付け位置を変更数するつもりは当面ありませんが‥。




こんな感じでシートの下に収まっています。



開けたところ。蓋のパッキン部もしっかりしており、雨がかかるところでも大丈夫そうです。








 

|

2007年8月26日 (日)

ツールバッグはコレに決まり!

ツールバック01
現行GSシリーズのリアキャリアはフラットタイプですが、オイラのGSはナンバープレート側(後ろ側)が反り上げった形状になっています。シートと、そのキャリアエンドの隙間に、良いバッグはないものかと物色した後にたどり着いたのがこの「イエローコーン(YELLOWCORN)スクエアツールバッグ 」。

最初はハーレーよろしくレザーのツールバッグにしようかとも思ったのですが、スタイリッシュな風貌と引き換えにレザーは雨が苦手。

結構悩みましたが、今回は名より実を取り、雨にも負けないタイプをと検索したどり着いたのがこのバッグです。


このなかに、前オーナーより譲り受けた工具各種と、バッテリーケーブルを収納し常備しています。

ツールバック02

サイズもまさにGSにぴったり。


まるで純正に見間違えるほどのフィット感、といったら言いすぎ?



 

|

2007年8月25日 (土)

タンクバッグが悩ましい

収納スペース


R100GS/PDは、タンク上部に収納スペースがあります。そして、タンクが樹脂製です。 35リットルのガソリンを飲み込むこのタンクは、GSの大きな特徴となっていますが、特殊なものだけに、一般のバイクショップで売られるタンクバッグはほぼ付きません。



そこで対応品がなければないほど燃える性格?なのか、ここでまた真剣にネットで調査しました。 最近のタンクバッグの主流はマグネット止め。ますこれは即効棄却です。次にマグネットレスタイプというのが、RSタイチと、ゴールドウィンから出ています。 タンクバッグといえ、オイラの主な使い方はマップケース。なるべく薄いものをと思い、少ない選択肢の中からまず選んだのは「ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ 」。



煩悩その①:ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ
ラフアンドロード

早速楽天で注文し、いざ取り付けようとすると、がーん、タンク後ろ側の固定ベルトがうまく取り付けられない!GSのタンクは前後長が思ったより短く、またガスキャップも出っ張っているので、写真のようにシート側のプロテクターはほとんど不要で、かつシートに挟み込もうとしてもシート固定の構造上うまくシート下に挟みこめない。で、しかたなく、やや右寄りに傾きながら、何とか固定をしました。




煩悩その②:ワンダーリッヒ製
ワンダーリッヒ


しかし、やはりフィット感がいまいちだなあと、ことあるごとにチェックをしていたら、次に高揚したのが「ワンダーリッヒ」のR100GS用。ヤフオクのリマインド設定で知り、大変興奮しました。で、結局何人かと競り合った後、見事手元へ。 今度はR100GS用、と書いてあったし大丈夫だろう、というのもつかの間、こきゃまた微妙な感じ。付くには付くんですが、身体側の固定は、基本的にベルクロ止め(ベルトループもありますが)。そりゃないだろうワンダーリッヒさん。ま、R100GSは確かに対応らしいが、 R100GS/PDはOKと書いてなかったから一か八かの賭けだったんですねどね。  




煩悩その③:デグナーNB-15
デグナー

で一番最近買ったのは、デグナーの「吸盤式タンクバッグNB-15」 。  試装させてもらったものの、タンクの吸着部に凹凸のなるデカールがあるため、張り付くことははりつくものの取れやすいだろうと店員さん。だけど、この手は見つけたら即買いがオイラの鉄則。  



ということで、使用レポはまた後日。




|

パニアのインナーバッグは?

パニアの中身

これもMUJIのなかから選ぼうと思ったのですが、パニアのサイズにフィットするものがなく困ったなあと思ううちに、「ん?あれ使えないかな」と思ったのが、もう10年以上前に新宿・エイアンドエフで購入したグレゴリーのミッションバッグ(フロントジッパー付)。


エイアンドエフといえばご存知「グレゴリー」の総代理店ですが、その直営店らしく全国展開する前の試作品?らしいレアなアイテムが昔はよく置いてあったんですね(いまはどうでしょう?)。


当時社会人の間でもそれを持っている人は多かったのですが、バッグ外側に何も収納部がないのがちょっと使いにくいなあと思っていた矢先に見つけたのがコレ。



10年以上も手元に置いておきたいほど気に入ったいたバッグが、なんとオイラのパニアのインナーケースに
ピッタリなのでした。
  
以降オイラの旅の相棒として、日本中を一緒に旅して回っています。  


 

このあたり が近いんだけど、オイラのとはちょっと違います。




 

|

100均アイテム

100均その2
日々お世話になっている100均ですが、ツーリング便利グッズも豊富に見つかります。いろいろ使っていいますが、まずはこれから。
  
多分100均アイテムの売れ筋の中心であろうビニールポーチですが、ワタシは荷物を縛るネット/ゴムの収納に収納に使っています。
  
旅に一緒に持っていかれる方は多いと思いますが、オイラはコレの袋に入れて、パニアに放り込んでおきます。


車体に縛っておられる方も多いと思いますが、付けっぱなしだお結構ゴムが劣化してしてしまうんですよね。


かといって、出先で急に荷物が増えるかもしれないので持ってはおきたいが、カバンにいれておくと中で行方不明になるわ、取り出しづらいわで、結構困っていました。


  
「ツーリングネットを収納する」という考え。



結構正解でとても重宝しています。

|

2007年8月21日 (火)

立ち寄り湯もクールに♪








ツーリング途中の立ち寄り湯でなるべくスマートに必要なものを取り出したい、という欲求にかられ、


「お風呂セット」を物色しました。




以前は洋服屋のビニール袋にタオルやシャンプーを突っ込んでいたのですが、


学生時代から変わらぬこの姿はさすがにないだろ、と


さまざまなものにトライ&エラーの後に落ち着いたのがMUJIの「吊して使える洗面用具ケース
」。



  

この手のものはLoweやEagle Creekなどのアウトドアメーカーが作っていましたが、

結構値段が高いんですね。で、いろいろ物色し、たどり着いたのがこれというわけです。



  

中の仕分けは、最近リリースされたメンズスキンケアの大瓶が入り3本ゴム止めで

入りますが、オイラは小瓶を3本と、体を拭くタオル、






そしてこれまたあるようでなかなか見つからない専用袋に入った


携帯用ナイロンボディタオル


  

に、着替えのパンツなんかを突っ込んで、さっとパニアから取り出します。


  

前出のケースは、ひとまわり小さいものもあるのですが、タオル2種+着替えまでは

入りませんが、それがが不要な場合はこれもありです。オイラはおそろいで両方買いました。







  

写真のように引っ掛けておけるので、宿に着いたらそのまま洗面脇において置けるのも良いですね。


 

温泉タイムにお気に入りの小物が増えれば、さらに旅は豊かになります。


|

2007年8月19日 (日)

盗難対策

鍵買いました。


これは1本の鍵でで2本のチェーンを利用できるスグレモノ。


だけど、同じく鍵1本でチェーン3本利用できるものもあるんですね。


最近はホントすごい。



オイラのとはちょっと違うんですけど、こんな 製品‥

 

|