バイク本

2007年10月15日 (月)

国井の新刊

今日ふらっと立ち寄った本屋のバイクコーナーに、さりげなく立てかけてあった国井律子の新刊を、さらっと立ち読みました。

kunii
     「国井的旅の力」  ワールドフォトプレス



そもそも、なぜバイクコーナーなのかも良くわかりませんが、本屋の店主はオイラのような読者との親和性が高いことを見抜いているんですね、さずが。

昔から彼女の妙な男っぽさが気に入っており、雑誌とかの連載記事は結構まめに目を通しているのですが、単行本関連は初体験。例のきっぷのいい筆っぷりは健在ですが、オイラが感心したのは「モノ」選びの基準。ハーレーやアメ車、カメラやサーフィンなど、妙にオイラとフィットするんですね。女性だというのにとてもワイルドな着眼点。

女性からはカッコよく、男性からは親近感を覚える、そんなところが彼女の魅力なんでしょう。こんな弟がいたら、サイコーです。本もきちんとゲットしよっと。


|