R100GS/PD

2007年10月29日 (月)

日帰りで若狭へ


この週末は本当に良い天気でしたね。


こちら大阪北部も、絶好のツーリング日和。関西ライダーのメッカ、周山街道も、これまでに見たこともない数の同志が大挙して訪れ(オイラもですが)、さながらバイクの品評会状態でした。


それにしても最近は本当にハーレーが多いですね。大げさに言うと、3台に1台ぐらいがハーレーの勢いで、ともに比較的新しいバイクに乗る方が多かったようです。


オイラが新車を購入した13年前は、ハーレージャパンも創世記で、ディーラー政策もままならず、当時ハーレー界を支えていた小粒の名ショップからは正直かなり反発を受けていた時期でもありました。そのような苦悩の時期を乗り越え、彼らの日本に対する意地と努力が、見事に近年成果を出しているようで、元ハーレー乗りのオイラとしては嬉しくもあり、やや増えすぎた感に対してはちょっと寂しくもあり、複雑な心境です。


さてさて、そんななか、以前から気になっていた「若狭で焼き鯖寿司」を実践すべく、前出の周山街道をメインルートとした日帰り下道ツーリングに出かけてきました。

美山手前。日本の原風景が残っているんですね、大阪から約1時間で。




 


大阪北部の能勢、園部、美山エリアは本当に走り応えがあり、しかも自宅から約30分も走れば、この素晴らしい景色に出会える。オイラは東京に長く住んでいましたが、このようなことはまず東京では考えられません。ホント関西ライダーの皆さんは幸せです。



久しぶりに見た、木製の橋。



さらに、大阪と福井・若狭が日帰りで、かつ下道で行けるなんてことも、思ってもいませんでしたので、こちらも大感激。いやーホントに素晴らしい。



ちょっと山に入ると、何やら怪しい罠が‥‥



で、肝心の焼き鯖寿司1050円也ですが、ちょっと過剰包装気味なのが?でしたが、確かに旨い。わざわざ食いに来た甲斐がありました。しかもトップ写真のカニの出汁たっぷりの味噌汁が無料サービス。「若狭フィッシャマンズワーフ」というところで食したのですが、近年メジャー海岸施設に増殖中の「とれとれ」系より、店員の方の接客がドライで、客のオイラにはちょうど良い距離感でした。つまり押し付けられ感がないんですよね。



結構地味なたたずまいは、むしろ好感触♪



そんな味の感動をしたためながら、オイラとしては人生初めてぐらい珍しい、来た道を帰る、というルート選択をしました。周山街道は、何度でも往復したい、そんなルートです。「アウトライダー」誌でもたまに取り上げられているメジャールートですが、関西以外の皆さん、ぜひ一度走りにきてくださいね。大阪からも京都からも近くて、びっくりしますよ!

|

2007年10月15日 (月)

西日本横断ツーリング(瀬戸内篇)

先週の連休+1日有休の4日間を利用して、またもや大阪南港から新門司までの深夜フェリーを使っての西日本縦断ツーリングに出かけてきました。


宮島行きのフェリーはJRが運営しているんですね




本州最先端「毘沙ノ鼻」。とても地味な感じ


先々週の日本海回りに引きつづき、今度は瀬戸内側の横断チャレンジです。先回はフェリーを降り立った瞬間エンジンがかからず焦りましたが、今回は至って調子よし。


日本のエーゲ海、「牛窓」ヨットハーバーにて

新門司→宮島→尾道→倉敷→牛窓→神戸→豊中(自宅)寄り道ルート約900kmを、4日間かけてゆっくり走ってきたわけです。雨男であるオイラですが、今回は一度もカッパを着ることなく無事走破。こんなことはは年に1回あればいいほうと、非常に嬉しいツーリングでした。



尾道きっての人気店「朱華園」の行列は、予想通りすごかった


これは毎回思うのですが、BMWは本当に人間のカラダを疲れさせない工夫があるんだなあ、と思います。これまでは宿についたらすぐに横になりたいくらいの疲労度があったのですが、こやつに乗り始めてから、宿についても元気温存。湯あたり自慢のオイラが何度となく温泉にトライできるようになったのは、やっぱりすごいものです。




まさに旅バイクだなあ、と長距離をこなせばこなすほど実感します。

|

2007年10月 6日 (土)

旅の途中で…

先日、山口ツーリングでの出来事。高速のPAで突然、スタータスイッチが逝ってしまいました。折しもツーリング初日、本来は東へ向かう予定が、パーツを求めてはるか福岡へ。

しかーし、オイラはショップオリジナルのレスキューサービス会員。電話一発で、博多のShopまで片道150㎞を送り届けてくれました。

何でも200㎞まで無料のロードサービスは珍しいようで、かかった費用は修理Shopまでの高速代のみ。いざという時のロードサービス会員。入ってヨカッタと思える瞬間でした。

チョイ古BMにはオーナーには必須かも!?

|

2007年9月18日 (火)

タンクの上の玉手箱

収納2
かつてSUZUKIから、タンクに小物入れがあるアクロスという250ccのロードバイクがありましたが、オイラのGSもちょっとしたスペースがタンクの上部に付いています。しかも、鍵はメインキーと同様で、エンジンを切らないと中のものが取り出せません。さらに、防水性も微妙で、激しい雨など降ると水が染みてくるご愛嬌ぶり。しかし、たいがいオイラはツーリング時タンクバッグをつけていくので、全く使用されることなくひっそりと暮らしています。にしても、これ、いるんすかね。砂漠を走るときにはやっぱ重宝したのかなあ。




別のアングルもどうぞ。

収納1



 

|

2007年9月13日 (木)

同僚のR1氏と

miyama01
初秋の京都、美山に日帰りで出かけてきました。大阪赴任後、数多くの関西ツーリングガイドを読みましたが、必ず登場するいわば「名所」となっている地で、ぜひ一度出かけてみたかった場所でした。池田市の某コンビニに8時集合、地元の彼にルートをお任せして走り出します。15分も走ると、景色は途端にに緑色に。本当に大阪北部は、ちょっと走るとすぐにこのような光景が広がります。


miyama02

さて、憧れの美山に到着。なかなかガイドブックの写真を上回る光景というのはお目にかからないのですが、茅葺屋根が続く古民家集落は、大変素晴らしい。1ヶ月ほど前に出かけた岐阜・白川郷より個人的には気に入りました。豊中から片道2時間ちょっとのショートトリップ。


すべてが下道、すべてが快走路。関東ではどこへ行くのもまずは高速に乗っていたオイラにとって、ああ、これってやっぱりいいよな、と実感した一日でした。




|

2007年9月 3日 (月)

R100の友人と

R100
この週末、紀伊半島ほぼ一周に出かけてきました。友人は遥か東京から、約500kmの道のりをかけて紀伊半島を別の友人とキャンプで回っており、オイラはこの週末のみの合流となりました。


ハーレーに乗っていたときも彼と乗換えっこしたことがあるのですが、当時の印象は「全然普通のバイクじゃん」。で、久しぶりに乗せてもらったら、「オイラのと兄弟だぁ」と大きく印象変化。オイラのハーレーは、S&Sのキャブにスーパートラップのエキゾーストの交換のみでしたが、それはそれはパンチがあり、トルクの塊といったわかりやすい乗り味でした。そんなバイクと比べたら、やはりフラットツインはきわめてジェントルで当時は判りにくかったんでしょうね。しかしGSに乗るようになってから、その「まったり感」が、非常に心地よい。バイクはエキゾースト音がすべて、と思っていたんですが、最近はこのツインの、極めてプロペラな振動がとても気持ちいいんです。


彼のは90年、オイラのは94年。共に新型では味わえない何ともいえない感覚が、今はどうやらとても肌に合っているようです。

|

2007年8月29日 (水)

鍵付きフィラーキャップのお値段は?


最初びっくりしたんです、フィラーキャップ(ガソリンキャップ)の鍵がないことに。確かに以前乗っていたハーレーには鍵が付いていませんでした。だけどまあ大らかな国民が作るバイクだから、そんなもんだと納得していたのですが、ジャーマンメイドは、それはないだろ、とかなりの違和感。とはいえ、そうは言っても、GSとお付き合いを始めた以上、このままいくか、鍵付きキャップを買うかを考え、やっぱり今の環境であるならば鍵は必要であるという結論の元、GSを手に入れたディーラーに注文しました。



で、やってきたのがコレ。



まあ何の変哲もないものですが、お値段は


7,854円也。(消費税込み)


これをどうとるかは皆さんの判断にお任せしますが、私は少なからずおこづかいに大きなインパクトがありました。


ま、だけど、やっぱり精神的に安心なので、買って後悔はしてませんけどね。

|

「これ、何cc?」

SA

高速SAなどで休憩をしているとき、年配の方の視線と共に話しかけられる

第1声の約80%が、この言葉。


「1000cc」です。



と答えると、たいがいお約束の


「へー、そんなにあるんか!」。



次に多いのは、


「BMWって、オートバイをつくっとるのか?」



このあたりまでは自分なりのFAQが出来ているのですが、実は現在大阪に住んでいながらバイクのナンバーは「品川」ゆえ、西日本方面へ出かけて声をかけられると、


「へー東京からかい、すごいねー」


と言われることが、非常に(汗)な訳です。


「いえいえ大阪に住んでまして」というと、聞いてこられた方のイメージを壊すようだし、「はい、そうです」というと、「時間はどのくらいかかった」とか「あと何日こちらにいるのか」とか、日程的な質問が多く、たいがいこのあたりでモゴモゴしてしまうわけです。


他府県ナンバーを乗り回しておられる皆さん、こんなことありませんか?




|

2007年8月26日 (日)

ツールバッグはコレに決まり!

ツールバック01
現行GSシリーズのリアキャリアはフラットタイプですが、オイラのGSはナンバープレート側(後ろ側)が反り上げった形状になっています。シートと、そのキャリアエンドの隙間に、良いバッグはないものかと物色した後にたどり着いたのがこの「イエローコーン(YELLOWCORN)スクエアツールバッグ 」。

最初はハーレーよろしくレザーのツールバッグにしようかとも思ったのですが、スタイリッシュな風貌と引き換えにレザーは雨が苦手。

結構悩みましたが、今回は名より実を取り、雨にも負けないタイプをと検索したどり着いたのがこのバッグです。


このなかに、前オーナーより譲り受けた工具各種と、バッテリーケーブルを収納し常備しています。

ツールバック02

サイズもまさにGSにぴったり。


まるで純正に見間違えるほどのフィット感、といったら言いすぎ?



 

|

2007年8月25日 (土)

タンクバッグが悩ましい

収納スペース


R100GS/PDは、タンク上部に収納スペースがあります。そして、タンクが樹脂製です。 35リットルのガソリンを飲み込むこのタンクは、GSの大きな特徴となっていますが、特殊なものだけに、一般のバイクショップで売られるタンクバッグはほぼ付きません。



そこで対応品がなければないほど燃える性格?なのか、ここでまた真剣にネットで調査しました。 最近のタンクバッグの主流はマグネット止め。ますこれは即効棄却です。次にマグネットレスタイプというのが、RSタイチと、ゴールドウィンから出ています。 タンクバッグといえ、オイラの主な使い方はマップケース。なるべく薄いものをと思い、少ない選択肢の中からまず選んだのは「ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ 」。



煩悩その①:ラフ&ロード M.L.ルーティングタンクポーチ
ラフアンドロード

早速楽天で注文し、いざ取り付けようとすると、がーん、タンク後ろ側の固定ベルトがうまく取り付けられない!GSのタンクは前後長が思ったより短く、またガスキャップも出っ張っているので、写真のようにシート側のプロテクターはほとんど不要で、かつシートに挟み込もうとしてもシート固定の構造上うまくシート下に挟みこめない。で、しかたなく、やや右寄りに傾きながら、何とか固定をしました。




煩悩その②:ワンダーリッヒ製
ワンダーリッヒ


しかし、やはりフィット感がいまいちだなあと、ことあるごとにチェックをしていたら、次に高揚したのが「ワンダーリッヒ」のR100GS用。ヤフオクのリマインド設定で知り、大変興奮しました。で、結局何人かと競り合った後、見事手元へ。 今度はR100GS用、と書いてあったし大丈夫だろう、というのもつかの間、こきゃまた微妙な感じ。付くには付くんですが、身体側の固定は、基本的にベルクロ止め(ベルトループもありますが)。そりゃないだろうワンダーリッヒさん。ま、R100GSは確かに対応らしいが、 R100GS/PDはOKと書いてなかったから一か八かの賭けだったんですねどね。  




煩悩その③:デグナーNB-15
デグナー

で一番最近買ったのは、デグナーの「吸盤式タンクバッグNB-15」 。  試装させてもらったものの、タンクの吸着部に凹凸のなるデカールがあるため、張り付くことははりつくものの取れやすいだろうと店員さん。だけど、この手は見つけたら即買いがオイラの鉄則。  



ということで、使用レポはまた後日。




|